リプロな日記

日本のアボーション(中絶と流産)にまつわる諸問題を研究しています

asahi.comに「柳沢厚労相の続投確認 野党欠席で参院予算委審議入り」との記事が載っています(2007年02月05日11時02分)。

 4日投開票の愛知県知事選と北九州市長選で与党の推薦候補が2敗を免れたため、政府・与党は5日、柳沢厚生労働相の続投を改めて確認する。

――中略――

 「女性は子どもを産む機械」発言で進退が注目されていた柳沢氏は5日朝、東京都内で記者団に「与えられた任務を全力を挙げてがんばっていきたい」と述べ、続投する考えを重ねて強調した。

 政府と与党執行部は、柳沢氏を更迭しない方針を決めており、同日昼、政府・自民党幹部が両選挙の結果などを協議し、柳沢氏の進退問題は「決着済み」との姿勢を確認する見通し。参院自民党では辞任論が強かったが、幹部の一人は5日朝、「何とか愛知は逃げ切った。ここまで来たら、がんばるより仕方ない」と語った。

個人的に,ここ10日間ほどはちゃめちゃに忙しく,柳沢暴言をフォローする時間がなかったのだけど,結局は,こういう結果になってしまったことが,情けないやら,悔しいやら。(しかし,ヒラリーはがんばっている! 外圧を期待するしかないこの国の政治状況は,何なんだけれども……。)

……なんて愚痴っていたら,日本女性学会メールニュースで,意見書が送られてきました。発行日の2月2日のダイアリーに掲載しました。ご参照ください→http://d.hatena.ne.jp/okumi/20070202