リプロな日記

日本のアボーション(中絶と流産)にまつわる諸問題を研究しています

フランスの中絶事情

Termination of Pregnancy and Abortion in France

上記タイトルの英語のページにフランスの中絶事情が詳しく書かれていたので忘備録。

・妊娠12週まで(up to 12 weeks after conceptionとあるのでLMPでは14週まで?――チェック要)は請求次第(オンリクエスト)の中絶が可能。
・滞在中の外国人でも可能。
・中絶を受けるまでに2回の診察が必要で、1週間の「熟考期間」が求められるが、急ぐ場合は2日間までに短縮できる。
・独身女性の場合はパートナーの許可は不要。
・未成年の場合、親の許可は不要だが、当日に誰か大人(18歳以上)が付き添う必要がある。
・15歳未満の者と性交した大人はレイプの罪に問われる。
・中絶薬は最終月経開始日から49日(7週)まで使える。ただし、診療所または病院で中絶薬を呑む場合には妊娠9週まで使える。
社会保障制度に登録されている人は中絶の費用を100%補てんされる。親の許可を得ていない未成年やCMU-CまたはAME(おそらく何らかの福祉給付金)を受けている人は、費用の前金を払う必要はない。それ以外の人はいったん前金を支払うことになるが、後日、補てんされる。
・健康保険にまったく入っていない人は妊娠期間と中絶を受ける場所によって次の費用を全額支払う必要がある:
 ・薬による中絶を診療所/病院で受ける場合は282.91ユーロ(約3万5000円強)
 ・薬による中絶を開業医、助産婦、家族計画センターで受ける場合は187.92~193.16ユーロ(約2万3000~2万4000円)
 ・外科的中絶 463.25~664.05ユーロ( 約5万8000~8万3000円―受ける場所と麻酔の有無で変動)
・配偶者や親の保険に入っている人が中絶について秘密にしておきたい場合には、配偶者や親に通知がいかないように差し止めることができる。
・緊急避妊薬は薬局や学校の看護師から処方箋なしで受け取ることもできるがその場合は社会保障からの補てんはない。処方箋をもらって受け取る場合には社会保障から費用が補てんされる。
・緊急避妊薬は未成年として申告すれば(証明しなくとも)無料でもらえる。

とりあえず以上です。典拠は以下。

www.angloinfo.com