リプロな日記

中絶問題研究者~中絶ケア・カウンセラーの塚原久美のブログです

優生保護法・強制不妊手術関連資料

忘備録

強制不妊手術に関するWHO文書(2014)女性に対する人権侵害が主に論じられている
Eliminating forced, coercive and otherwise involuntary sterilization
An interagency statement


「優生保護法」改定阻止運動 ① 金子珠理(2019)
「優生保護法」改定阻止運動 ② 金子珠理(2019)


優生保護法の歴史と問題 ―強制不妊手術問題を中心として―
国立国会図書館 調査及び立法考査局 専門調査員 社会労働調査室主任 岡村 美保子
https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11233894_po_081602.pdf?contentNo=1


現代ビジネスというサイトに掲載された佐藤光展氏による小島さん事件のルポ。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67068


優生保護法被害弁護団というサイトで、訴訟一覧(2020年11月30日現在)を確認。
http://yuseibengo.wpblog.jp/


違憲判決が出たのは仙台地裁、大阪地裁、札幌地裁、神戸地裁の4件。
神戸地裁の8月3日の判決で憲法13条、14条、24条に反すると認定されたこと、また国会議員の立法不作為が初認定された。


ノースカロライナ州の措置は、後にオバマ大統領が署名して全米の措置になったらしい。以下、プレスリリース(と仮訳)。

Oct 7 2016

President Signs Tillis-Carper Eugenics Compensation Legislation Into Law
The Treatment of Certain Payments in Eugenics Compensation Act will now protect living eugenics victims receiving compensation payments by excluding their payments from being used in determining eligibility for, or the amount of, federal safety net benefits.
WASHINGTON, D.C. – Today, President Obama signed S. 1698, the Treatment of Certain Payments in Eugenics Compensation Act into law, which will help protect living eugenics victims receiving compensation payments by excluding their payments from being used in determining eligibility for, or the amount of, federal safety net programs such as Medicaid, Supplemental Nutritional Assistance Program, Supplemental Security Income, and SSI-Disabled. The legislation was authored by Senators Thom Tillis (R-NC) and Tom Carper (D-DE), and co-sponsored by Senators Richard Burr (R-NC), Mark Warner (D-VA), Tim Kaine (D-VA), and Dianne Feinstein (D-CA).
Without this law, eugenics victims who receive compensation payments could have had their federal safety net benefits reduced or their eligibility eliminated altogether.
State-run eugenics and compulsory sterilization laws victimized more than 60,000 Americans in 33 states from the 1920s to the 1970s. State governments often targeted specific groups for sterilization, including unmarried women, African-Americans, and children from poor families.
In 2013, Tillis, then the North Carolina Speaker of the House, partnered with State Rep. Larry Womble to break through longstanding political gridlock in order to make North Carolina the first state in the nation to compensate the victims of its state-run eugenics program. In 2014, more than 200 North Carolina victims were awarded their first compensation payment of approximately $20,000 each. Recently, victims received their second eugenics compensation payment, worth an additional $15,000 each.
Last year, Virginia became the second state to pass legislation compensating the victims of a state-run eugenics program. Virginia will award $25,000 to each individual who was involuntarily sterilized and is still alive as of February 1, 2015.
“The victims of North Carolina’s eugenics program have already endured so much throughout their lives, and this law will help protect them by ensuring their restitution payments will not negatively impact their eligibility for federal safety net benefits,” said Senator Thom Tillis. “I also hope this law will increase the American public’s awareness of a dark and shameful chapter in our nation’s history that resulted in the sterilization of American citizens against their will. The subsequent fight for justice would not have been possible without the unrelenting activism of leaders like former state Rep. Larry Womble. We are better as a people, a state and a nation for acknowledging the sins of the past and fighting for justice on behalf of the victims.”
“People who’ve been subjected to horrifying sterilization practices as a result of misguided eugenics programs have already had to live with unfathomable loss and hardship,” said Senator Tom Carper. “These individuals shouldn’t be penalized for compensation funds that they have received for their suffering, especially because it can never repair the pain they’ve had to endure. I’m proud that Congress came together across party lines to approve this important effort to ensure that no person loses important federal benefits because they received this type of compensation.”
###
https://www.tillis.senate.gov/2016/10/president-signs-tillis-carper-eugenics-compensation-legislation-into-law

大統領、ティリス・カーパー両氏の優生学補償法に署名
 優生学補償における特定の支払いの扱いに関する法律」は、連邦政府セーフティーネット給付の資格や金額を決定する際に、補償金の支払いを除外することで、補償金の支払いを受けている生きている優生学犠牲者を保護するものです。

 ワシントン D.C. - 本日、オバマ大統領はS.1698(優生学補償における特定の支払いの扱いに関する法律)に署名しました。この法律により、補償金を受け取っている生きている優生学の犠牲者は、その支払いがメディケイド、補助栄養支援プログラム、補助保障所得、SSI-Disabledなどの連邦セーフティーネットプログラムの資格や金額を決定する際に使用されないようになり、保護されることになります。この法律は、トム・ティリス上院議員(NC)とトム・カーパー上院議員(DE)が作成し、リチャード・バー上院議員(NC)、マーク・ワーナー上院議員(D-VA)、ティム・ケイン上院議員(D-VA)、ダイアン・ファインスタイン上院議員(D-CA)が共同で提案しています。

 この法律がなければ、補償金を受け取った優生学犠牲者は、連邦政府セーフティネットの給付金が減額されたり、資格が完全になくなったりする可能性があった。

 1920年代から1970年代にかけて、州が運営する優生学・強制不妊手術法は、33の州で6万人以上のアメリカ人を犠牲にしました。州政府は、未婚の女性、アフリカ系アメリカ人、貧しい家庭の子供など、特定のグループを不妊手術の対象とすることが多かった。

 2013年、当時ノースカロライナ州下院議長だったティリスは、ラリー・ウォンブル下院議員と協力して、長年の政治的な行き詰まりを打破し、ノースカロライナ州が全米で初めて、州が運営する優生学プログラムの犠牲者に補償を行うことを決定しました。2014年には、ノースカロライナ州の200人以上の被害者が、それぞれ約2万ドルの最初の補償金を受け取りました。最近、被害者は2回目の優生学補償金を受け取り、1人あたり15,000ドルの価値が追加されました。

 昨年、バージニア州は、州が運営する優生学プログラムの被害者を補償する法案を可決した2番目の州となりました。バージニア州では、強制的に不妊手術を受け、2015年2月1日の時点で生存している各個人に2万5千ドルを支給します。

 「トム・ティリス上院議員は次のように述べています。「ノースカロライナ州優生学プログラムの犠牲者は、人生を通じてすでに多くのことに耐えてきました。この法律は、返還金の支払いが連邦政府セーフティーネット給付の資格に悪影響を及ぼさないようにすることで、犠牲者の保護に役立ちます。「また、この法律によって、アメリカ市民の意思に反して不妊手術を行ったという、我が国の歴史における暗く恥ずかしい出来事に対するアメリカ市民の認識が高まることを願っています。ラリー・ウォンブル元州議会議員のような指導者たちの絶え間ない活動がなければ、その後の正義のための戦いは実現しなかったでしょう。過去の罪を認め、被害者のために正義のために戦ったことで、私たちは人々として、州として、そして国としてより良くなったのです」。

 「トム・カーパー上院議員は、「誤った優生学プログラムの結果、おぞましい不妊手術を受けた人々は、すでに計り知れない喪失感と苦難を抱えて生きています。「このような人たちが、自分の苦しみに対して受け取った補償金に対してペナルティを課すべきではありません。なぜなら、彼らが耐えなければならなかった苦しみを修復することはできないからです。このような補償を受けたことで連邦政府からの重要な給付を受けられなくなることがないよう、議会が党派を超えて一致団結し、この重要な取り組みを承認したことを誇りに思います」と述べています。


ヨーロッパのRH関連ジャーナル
>>Eur J Contracept Reprod Health Care

. 2018 Apr;23(2):121-129.
doi: 10.1080/13625187.2018.1450973. Epub 2018 Apr 6.
Legalised non-consensual sterilisation - eugenics put into practice before 1945, and the aftermath. Part 1: USA, Japan, Canada and Mexico
Jean-Jacques Amy 1, Sam Rowlands 2
Affiliations expand

PMID: 29624082 DOI: 10.1080/13625187.2018.1450973

Free article
Abstract

In the late 19th century, eugenics, a pseudo-scientific doctrine based on an erroneous interpretation of the laws of heredity, swept across the industrialised world. Academics and other influential figures who promoted it convinced political stakeholders to enact laws authorising the sterilisation of people seen as 'social misfits'. The earliest sterilisation Act was enforced in Indiana, in 1907; most states in the USA followed suit and so did several countries, with dissimilar political regimes. The end of the Second World War saw the suspension of Nazi legislation in Germany, including that regulating coerced sterilisation. The year 1945 should have been the endpoint of these inhuman practices but, in the early post-war period, the existing sterilisation Acts were suspended solely in Germany and Austria. Only much later did certain countries concerned - not Japan so far - officially acknowledge the human rights violations committed, issue apologies and develop reparation schemes for the victims' benefit.

Keywords: Canada; Japan; Mexico; eugenics; forced; non-consensual; sterilisation; the USA.


abstruct(要約)だけ仮訳します。

19世紀後半、遺伝の法則の誤った解釈に基づいた疑似科学的教義である優生学が先進国で流行しました。優生学を推進した学者や有力者は、政治的な利害関係者を説得して、「社会的不適合者」と見なされる人々の不妊手術を許可する法律を制定しました。最初の不妊手術法は1907年にインディアナ州で施行されましたが、米国のほとんどの州がこれに続き、政治体制の異なるいくつかの国でも施行されました。第二次世界大戦が終わると、ドイツでは強制不妊手術の規制を含むナチスの法律が停止された。1945年がこれらの非人間的な行為の終着点となるはずだったが、戦後間もない時期に、ドイツとオーストリアでのみ現行の不妊手術法が停止された。このような人権侵害を公式に認め、謝罪し、被害者のための補償制度を構築したのは、かなり後になってからのことであり、日本はまだである。