リプロな日記

中絶問題研究者~中絶ケア・カウンセラーの塚原久美のブログです

日本産婦人科医会 第162回記者懇談会(R4.4.13) 妊娠初期における安全な中絶治療法について

【資料1】安全な人工妊娠中絶手術について

この資料の作成者・講演担当者

日本産婦人科医会 常務理事(医療安全担当)
聖マリアンナ医科大学 産婦人科学 長谷川潤

ホームページで調べた肩書等
教授 長谷川潤一 HASEGAWA JUNICHI
大学病院産科副部長、大学病院総合周産期母子医療センター副センター長、超音波センター副センター長


あちこちでまやかしがある。


スライド2

人工妊娠中絶に関するメディアの報道

他の外科手術では、手術法や器械の選択などは多岐にわたり、医師によって其々であるが、なぜ、妊娠中絶について一般に手術法、機器の使用についてまで議論が広がるのか?

腹腔鏡手術に使う道具の写真:中絶手術に使うものとは思い難い
<]
腹腔鏡手術用器具一式 - ERAGONmodular - Richard Wolf


上記の写真に

本講演では、人工妊娠中絶の手術法、器機等に関する正しい理解と、産婦人科医の取り組みについて論じる

との説明が添えられている。いかにも最先端の医療を行っているかのようなフリ?


スライド3
4月13日付の講演なのに、3月9日付で公開されているWHOの”Abortion Care Guideline"(=従来の中絶に関するすべてのWHOガイドラインに置き換わるもの、と明示されている)に基づかず、2014年にハンドブックとして発行されたであるClinical practice handbook for Safe Abortion”(以下、「ハンドブック」とする)の情報に基づいている。


スライド3にある年表

1961年  プラスチック製カニューレが開発
1980-90年 MVA普及
2000年頃 大規模報告、システマティックレビュー
2912年  WHO提言
2012年  NICE提言
2015年  ACOG提言
2015年  日本でのMVA薬事認可
2016年  MVAキット販売開始
2018年  流産手術 保険改訂

スライド3に添えられた説明

WHOは薬物法、吸引法を推奨している


妊娠12-14週 外科的には真空吸引法を推奨


ランダム化比較試験によって
95-100%の完全中絶率が報告されている


ルーティンに鋭的搔爬術を行わない


本提言との乖離を指摘する意見がある


スライド4「人工妊娠中絶の方法 時期による違い」として妊娠12週までとそれ以降を比較

妊娠12週まで


子宮頚管拡張
  ↓
全身麻酔下に
子宮内容除去術

先に示されたハンドブックに準ずるのであれば、妊娠12週までの外科的中絶法は、子宮頚管拡張後、カニューレを挿入して子宮内容の吸引を行うことになっており、「子宮内容除去術(D&E)」は妊娠12~14週より後に推奨されている外科的中絶です。12週以降については次のように説明されています。

妊娠12週以降(中期中絶)
(死産届必要)


子宮頚管拡張
  ↓
子宮収縮薬(陣痛)
による分娩形式

ハンドブックを参照すると、妊娠12週(84日)より後の内科的中絶では、「ミフェプリストン及びミソプロストール」の二剤併用法と、ミソプロストール単体でくり返し服用する方法が推奨されています。しかし、日本の中期中絶で使われている薬はミソプロストールではなく、スライド6に写真で示されている「プレグランディン膣座薬」です。これの物質名はProstaglandin F2α(略PGF2α)ですが、これはWHOの必須医薬品には入っていない薬で、この薬を中期中絶に推奨している論文もほとんど見当たりません。


PubMedの検索で引っかかり、この薬が乳牛に用いられていることが分かりました。
あまりにもショックです!!!!!!
泌乳乳牛のプロスタグランジン F2α に対する卵巣反応。臨床的最新情報(仮題) - リプロな日記