リプロな日記

日本のアボーション(中絶と流産)にまつわる諸問題を研究しています

仙台放送:「家族に怒られる…」自宅のトイレで産み 胎児の遺体を放置 当時、未成年だった女に対する初公判〈宮城〉

こういう事件が起きるたびに、「相手の男はなにしてる!」と怒りがおさまらない! 女性だけを責めるのは絶対におかしいと思う。

自宅のトイレで胎児を産み落とし、遺体を放置したとして死体遺棄の罪に問われている当時、未成年だった女に対する初公判が仙台地方裁判所で開かれました。女は起訴内容を認め、「家族に怒られると思い、言えなかった」と話しました。

死体遺棄の罪に問われているのは、美里町に住む、20歳の無職の女です。

起訴状によりますと、女は19歳だった今年9月下旬、自宅のくみ取り式トイレで、胎児を産み落とし、遺体をトイレのタンクの中に放置したとされています。

9日の初公判で、女は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

その後の被告人質問で女は、「妊娠しているかもしれないと思っていたが、病院に行けなかった。お腹のなかが動かなくなったので、妊娠は思い違いだと思っていた。産み落としたことに気付いてはいたが、家族に怒られると思い、言えなかった」と話しました。

検察側は「怒られたくないという自分勝手な気持ちから胎児の遺体を放置した犯行に汲むべき事情はない」として、懲役1年2カ月を求刑しました。

これに対し弁護側は、「真摯に反省している」などとして執行猶予付きの判決を求めました。

判決は12月18日に言い渡されます。

仙台放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000004-oxv-l04