リプロな日記

中絶問題研究者~中絶ケア・カウンセラーの塚原久美のブログです

World Association for Sexual Health, Declaration on Sexual Rights

WAS性の健康世界学会 性的権利の宣言

World Association for Sexual Health (WAS)

早乙女智子さんが日本人で初めて理事になった会ですね。

仮訳してみます。

性的権利の宣言
 性的権利は、達成可能な最高の性的健康を達成するために不可欠であるとの認識の下、世界 性的健康協会は以下を宣言する。性的権利は、国際的および地域的な人権文書、各国の憲法および法律、人権基準および原則、ならびに人間の性および性的健康に関連する科学的知識においてすでに認識されている普遍的な人権に基づいていることを表明する。
 セクシュアリティは、生涯を通じて人間であることの中心的な側面であり、性、ジェンダーアイデンティティと役割、性的指向、エロティシズム、快楽、親密さ、そして生殖を包含するものであることを再確認する。セクシュアリティは、思考、空想、願望、信念、態度、価値、行動、実践、役割、関係において経験され、表現されます。セクシュアリティにはこれらすべての次元が含まれることがありますが、常にすべての次元が経験されたり表現されたりするわけではありません。セクシュアリティは、生物学的、心理学的、社会的、経済的、政治的、文化的、法律的、歴史的、宗教的、精神的な要因の相互作用によって影響を受けます。
 セクシュアリティは喜びと幸福の源であり、全体的な充足感と満足感に寄与するものであることを認識する。性的健康とは、性に関連した身体的、感情的、精神的、社会的な健康状態であり、単に病気や機能障害、病弱がないことではないことを再確認する。性的健康には、性と性的関係に対する肯定的で尊重されたアプローチが必要であり、また、強制、差別、暴力のない、楽しく安全な性体験の可能性が必要である。
性の健康は、性についての広範な理解なしには定義、理解、運用することができないことを再確認する。性的健康が達成され維持されるためには、すべての人の性的権利が尊重され、保護され、充足されなければならないことを確認します。
性的権利は、すべての人間の固有の自由、尊厳、および平等に基づいており、危害からの保 護へのコミットメントを含むものであることを認識する。
 平等と非差別は、すべての人権保護および促進の基礎であり、人種、民族、肌の色、性別、言語、宗教、政治的意見またはその他の意見、国民的または社会的出身、財産、出生またはその他の地位(障害を含む)、年齢、国籍、婚姻および家族の状況、性的指向および性同一性、健康状態、居住地、経済的および社会的状況に基づくあらゆる差別、排除または制限の禁止を含むことを表明する。
 人の性的指向、性同一性、性表現、身体的多様性には人権保護が必要であることを認識する。あらゆる種類の暴力、ハラスメント、差別、排除、汚名は、人権の侵害であり、個人、家族、コミュニティの福利に影響を与えることを認識する。
人権を尊重、保護、履行する義務は、すべての性的権利および自由に適用されることを確認する。
 性的権利は、他者の権利に配慮しつつ、自らの性を実現・表現し、性的健康を享受するためのすべての人々の権利を保護するものであることを確認する。


性的権利とは、セクシュアリティに関する人権のことです。
1.  平等および無差別の権利 すべての人は、人種、民族、肌の色、性別、言語、宗教、政治的またはその他の意見、国民的または社会的出身、居住地、財産、出生、障害、年齢、国籍、婚姻および家族の状況、性的指向性自認および表現、健康状態、経済的および社会的状況、その他の地位など、いかなる種類の差別もなしに、この宣言に定められたすべての性的権利を享受する権利を有する。
2.  生命、自由、および個人の安全に対する権利 すべての人は、生命、自由、および安全に対する権利を有しており、性的指向に関連する理由で恣意的に脅かされたり、制限されたり、奪われたりすることはありません。これには、性的指向、同意の上での性行為および慣行、性同一性および表現、または性と生殖に関する健康に関連するサービスへのアクセスや提供を理由とするものが含まれます。
3.  自律性と身体的統合性の権利 すべての人は、自分の性と身体に関連する事柄を自由にコントロールし、決定する権利を有しています。これには、他者の権利に十分配慮した上での、性行動、慣行、パートナー、関係の選択が含まれる。自由で十分な情報に基づいた意思決定には、性的に関連する検査、介入、治療、手術、研究の前に自由で十分な情報に基づく同意が必要です。
4.  拷問および残虐、非人道的、または品位を傷つける扱いや刑罰から自由である権利 すべての人は、有害な伝統的慣行、強制的な不妊手術、避妊手術、または中絶、その他、性、ジェンダー性的指向性自認および表現、身体の多様性に関連する理由で行われる拷問、残虐、非人道的、または品位を傷つける扱いや刑罰から自由でなければなりません。
5.  あらゆる形態の暴力と強制から自由である権利 すべての人は、レイプ、性的虐待、セクシュアル・ハラスメント、いじめ、性的搾取と奴隷、性的搾取を目的とした人身売買、処女検査、現実のまたは認知された性行為、性的指向、性同一性と表現、身体の多様性を理由に行われる暴力など、性に関連する暴力と強制から自由でなければならない。
6. プライバシーの権利 すべての人は、恣意的な干渉や侵入を受けることなく、性生活、自分の身体に関する選択、合意に基づく性関係や性行為に関するプライバシーを守る権利を有します。これには、セクシュアリティ関連の個人情報の他者への開示をコントロールする権利も含まれます。
7.  性的健康を含む、達成可能な最高水準の健康に対する権利;快楽的で満足のいく安全な性体験の可能性を伴う すべての人は、快楽的で満足のいく安全な性体験の可能性を含む、性に関連した達成可能な最高水準の健康と福祉に対する権利を有する。これには、質の高い医療サービスの利用可能性、利用しやすさ、受け入れ可能性、および性的健康を含む健康に影響を与え決定する条件へのアクセスが必要である。
8.  科学的進歩の恩恵とその応用を享受する権利 すべての人は、セクシュアリティと性的健康に関連して、科学的進歩の恩恵とその応用を享受する権利を有する。
9. 情報を得る権利 すべての人は、多様な情報源を通じて、セクシュアリティ、性の健康、および性の権利に関する科学的に正確で理解しやすい情報にアクセスすることができる。このような情報は、恣意的に検閲されたり、差し控えられたり、意図的に誤って伝えられたりしてはならない。
10.  教育を受ける権利および包括的な性教育を受ける権利 すべての人は、教育を受ける権利および包括的な性教育を受ける権利を有する。包括的な性教育は、年齢にふさわしく、科学的に正確で、文化的に有能であり、人権、男女平等、性と喜びに対する肯定的なアプローチに基づいていなければならない。
11. 平等と完全かつ自由な同意に基づく、婚姻およびその他の類似した種類の関係を結ぶ、形成する、解消する権利 すべての人は、結婚するかどうかを選択し、完全かつ自由な同意を得て、自由に婚姻、パートナーシップ、その他の類似した関係を結ぶ権利を有する。すべての人は、あらゆる種類の差別や排除を受けることなく、結婚、パートナーシップ、その他類似の関係に入るとき、その間、そして解消するときに、平等な権利を有する。この権利には、そのような関係の形態にかかわらず、社会福祉およびその他の給付に対する平等な資格が含まれる。
12.  子どもを持つかどうか、子どもの数と間隔を決定する権利、およびそのための情報と手段を持つ権利 すべての人が、子どもを持つかどうか、子どもの数と間隔を決定する権利を有する。この権利を行使するためには、妊娠、避妊、不妊、妊娠終了、養子縁組に関する性と生殖に関する健康サービスを含む、健康と福祉に影響を与え、決定する条件へのアクセスが必要である。
13. 思想・意見・表現の自由の権利 すべての人は、性に関する思想・意見・表現の自由の権利を有し、他者の権利を尊重しつつ、例えば、外見、コミュニケーション、行動などを通じて自らの性を表現する権利を有する。
14. 結社および平和的集会の自由の権利 すべての人は、セクシュアリティ、性的健康、および性的権利についても含め、平和的に組織し、結社し、集会し、デモを行い、主張する権利を有する。
15.  公的・政治的生活への参加の権利 すべての人は、地域、国、地域、および国際的なレベルで、市民的、経済的、社会的、文化的、政治的、およびその他の人間の生活の側面に、積極的、自由かつ意味のある参加と貢献を可能にする環境を得る権利がある。特に、すべての人は、自分のセクシュアリティと性的健康を含む自分の福祉を決定する政策の開発と実施に参加する権利を有する。
16.  司法、救済、および救済へのアクセスの権利 すべての人は、自分の性的権利の侵害に対する司法、救済、および救済へのアクセスの権利を有する。これには、効果的、適切、アクセス可能、かつ適切な教育的、立法的、司法的、およびその他の措置が必要である。救済措置には、返還、補償、更生、満足、および再発防止の保証による救済が含まれる。

世界性保健協会(WAS)は、人間の性の分野における科学的な学会、NGO、専門家からなる学際的な世界規模のグループであり、性科学とすべての人のための性の権利を開発、促進、支援することにより、生涯にわたる性の健康を世界的に推進しています。WASは、アドボカシー活動、ネットワーキング、情報、アイデア、経験の交換を促進し、科学的根拠に基づく性研究、性教育、臨床性科学を学際的なアプローチで推進することでこれを達成しています。性的権利に関するWAS宣言は、元々1997年にスペインのバレンシアで開催された第13回世界性科学会議で宣言されたもので、その後、1999年に香港で開催されたWAS総会で改訂版が承認され、「WAS宣言:ミレニアムのための性的権利」(2008年)として再確認されました。この改訂版宣言は、2014年3月にWAS諮問委員会で承認されました。