リプロな日記

中絶問題研究者~中絶ケア・カウンセラーの塚原久美のブログです

開発の権利を含むすべての人権、市民権、政治権、経済権、社会権、文化権の推進と保護

国連決議 2022年7月7日

国連 A/HRC/50/ L.22/Rev.1
総会
配布ー限定
2022年7月7日
オリジナル英語


人権理事会
第50回セッション
2022年6月13日~7月8日
議題3
開発の権利を含むすべての人権、市民権、政治権、経済権、社会権、文化権の推進と保護
アンドラ、*アルゼンチン、オーストラリア、*オーストリア、*ベルギー、*ボスニア・ヘルツェゴビナ、*ブルガリア、*カナダ、*チリ、*コスタリカ、*クロアチア、*キプロス、*チェコデンマーク、*ドミニカ共和国、*エクアドル、*エストニア、*フィジー、*フィンランド、フランス、グルジア、*ドイツ、ギリシャ、*ホンジュラスアイスランド、*アイルランド、*イタリア、*ラトビア、*リヒテンシュタイン、*リトアニアルクセンブルク、マルタ、* メキシコ、モナコ、* ネパール、オランダ、ニュージーランド、* 北マケドニア、*ノルウェー、* パラグアイ、ペルー、* ポルトガル、* モルドバ共和国、* ルーマニア、* サンマリノ、* スロベニア、* スペイン、*スウェーデン、* スイス、* タイ、* チュニジア、* トルコ、* ウクライナ、米国およびウルグアイ*。決議案 *42カ国は理事国以外。


50/...女性および女児に対するあらゆる形態の差別の撤廃
人権理事会
国際連合憲章の目的及び原則に従ったものであること。
世界人権宣言、女子差別撤廃条約、児童の権利条約、人種差別撤廃条約、障害者の権利条約、市民的及び政治的権利に関する国際規約、経済的、社会的及び 文化的権利に関する国際規約並びにその他のすべての関連人権条約及び文書を再確認すること。
男女平等と女性及び少女に対する差別及び暴力の非難が、ウィーン宣言及び行動計画、国際人口開発会議行動計画、北京宣言及び行動綱領並びにそれらの再 検討会議の成果文書、ダーバン宣言及び行動計画並びにダーバン再検討会議の成果文書において認識されていることを想起すること。
人権理事会、総会、安全保障理事会、特に女性、平和及び安全保障に関する2000年10月31日の安全保障理事会決議1325(2000)、女性の地位委員会並びに女 性及び女児に対する差別問題を検討する他の国際連合機関及び団体により採択されたすべての関連決議及び合意結論をも想起すること。

人権理事会に加盟していない国。

さらに、ジェンダーの平等とすべての女性と女児のエンパワーメントの両方 を独立した目標として含めること、およびそれらを持続可能な開発のための2030 アジェンダのすべての目標とターゲットに主流化すること、および第3回開発資金国際会議のアディスアベバ行動計画を採択することを想起すること。
国際人権法が特にジェンダーに基づく差別を禁止しており、国内の法律、政策、慣行は国家の国際的な義務を遵守すべきであることを強調すること。
人権理事会決議41/6で人権理事会の要請を受け、その第47会期において人権理事会に提出された「人権機関およびメカニズムにおける女性の代表の現在のレ ベル:ジェンダー・バランスの確保」と題する人権理事会諮問委員会の報告書に含まれる勧告1に留意し、国際レベルにおける女性の代表と積極的参加および国際 機関における男女平等の確保を目指すこと。
女性および少女の権利とコミュニティに基づく組織、フェミニスト・グルー プ、先住民族女性およびアフリカ系女性の組織、女性および少女の人権擁護者、 ジャーナリスト、労働組合、少女および若者が主導する組織、その他の関連アクターを含む国家、国際および地域組織、市民社会による進歩に対する反動に深い 懸念を表明する。すべての人権を尊重し、保護し、実現するために、そしてこれらの後退は、経済危機と不平等、人種差別、否定的な社会規範とジェンダーの固 定観念、後退的ロビー活動、イデオロギー的見解、あるいは女性および少女の平等な権利を求める闘いに反対し、市民空間を縮小する文化や宗教の悪用に関連しうることを認識すること。
女性と女児は、特に、性別、年齢、人種、民族、先住民、宗教または信条、身体的・精神的健康、障害、市民的地位、社会経済的・移住的地位に基づき、プライベートおよび公的空間、オンラインとオフラインの両方で、生涯を通じて複数の交差した体系的形態の差別を受けており、実質的平等には、根深い家父長制 とジェンダーステレオタイプ、有害なジェンダー規範などに対する構造的差別 の根本原因を除去することが必要となることを認識し、次のことを行う。否定的な社会規範や文化的行動様式、社会政治的・経済的不平等、制度的人種差別、さ らに不平等な力関係、差別的態度、行動、規範、認識、習慣を永続させる深く根 付いた社会規範や性別役割分担への期待。女性および少女の尊厳、身体の完全性 および自律性の軽視、性的およびジェンダーに基づく暴力、ならびに女性器切除や児童婚、早婚、強制結婚などの有害な慣行(コロナウイルス病(COVID-19)の流行期および人道危機や緊急時を含む)である。
国家は、法律および該当する場合には実践において、交差する体系的な差別を認識し、女性と女児に対するその複合的な影響に取り組む政策とプログラムを実施すべきであることを認識し、私的および公的領域におけるあらゆる形態の差別を撤廃し、世代間の差別の連鎖を断ち切り、ジェンダー平等とすべての女性と女児の権利拡大を達成し、ライフコースを通じてその人権と基本的自由を尊重し保護し実現する努力において、男性および少年を戦略パートナーおよび同盟者として、また変化の代理人と受益者として十分に関与させることが大切だと認識すること。
すべての女性と女児によるすべての人権の完全な享受には、強制、差別、暴力から解放された、性と生殖に関する健康と生殖に関する権利が含まれることを 再確認すること。
性と生殖に関する健康情報、教育およびサービスには、特に、利用しやすく包括的な家族計画、安全かつ効果的な近代的避妊法、緊急避妊法、思春期の妊娠および意図しない妊娠のための予防プログラム、助産師による出産サービス、出産前および周産期ケア、国内法に反しない場合の安全な中絶、中絶後のケア、生殖器感染症性感染症HIV/AIDS、生殖器癌の予防と治療など、熟練した出産支援や緊急産科ケアなど、妊産婦のヘルスケアおよびサービスを含む母性衛生ケアおよびサービスなどがあることを認識する。
OVID-19危機が、家父長制、女性嫌悪、人種差別、スティグマ、外国人恐怖症、能力主義、社会政治的・経済的不平等など、女性と少女が直面する既存の不平等と制度的差別の形態を悪化させ、性的・ジェンダー的暴力とハラスメントの発生を増加させていることを深く憂慮している。特にインフォーマル・セクターで働く女性の間で、雇用と生計の喪失、少女にとっては児童婚、早婚、強制結婚のリスクが高く、これらの不釣り合いな影響は、女性や少女の公的生活への有意義な参加と意思決定に対する既存の障害をさらに悪化させるものである。
すべての女性が意思決定のあらゆるレベルにおいて、暴力や差別から解放され、完全、平等、効果的かつ有意義に参加することは、ジェンダー的平等、包括的な経済成長及び持続可能な開発、法の支配、良き統治、平和及び民主主義の達 成に不可欠であることを再確認すること。
また、障害のある女性及び少女の完全かつ平等な参加を妨げ又は制限する全ての障壁を撤廃することを通じて、障害のある女性及び少女の社会参加及びリーダーシップを強化する努力を強化する必要性を再確認する。
女性や少女の活動家が直面する体系的・構造的な差別、暴力、嫌がらせ(性的・ジェンダーに基づく暴力や、オンライン・オフラインを問わず中傷・非難キ ャンペーンを含む)について特に懸念を表明する。
女性と女児が、特に、ジェンダー、障害、年齢に関連する固定観念の存続、及びこの点に関する否定的な社会的及び文化的規範を含む、暴力及び公的問題への参加における差別の影響を最も受ける人々の中にいることを認識すること。
少女と若い女性が、少年や若い男性と同じように社会、経済、政治的機能に参加し学ぶ機会が依然として不足しており、意思決定プロセスやその後の実施・評 価段階への参加が直接的・間接的に阻害されることが多いことに深い懸念を抱いていること。
少女と若い女性に低い地位を与えるステレオタイプや否定的な文化的・社会 的規範は、公的・私的領域において彼らに対する差別を永続させ、家庭に閉じこもる可能性を高め、負担の大きい家事・介護労働、すべての教育レベルへのアク セスの欠如、ヘルスケアサービスへの不平等で限られたアクセス、余暇・スポー ツ・レクリエーションの機会の制限、文化生活と芸術へのアクセスの欠如、ジェ ンダーデジタル格差を拡大すると認識すること。
少女や若い女性の活動家が、公的生活への参加に関する一般的な誤解、自律性の制限、暴力や嫌がらせ、最善の利益の無視、多様なプロセスへの表面的な関与のために、特別な課題に直面していることに深い懸念をもって留意すること。
少女と若い女性は、ジェンダーの平等、あらゆる形態のジェンダーに基づく暴力と有害な慣行の撤廃、子どもの権利、気候正義、社会的・経済的不平等、包括的開発、人種差別、良い統治、デジタル包摂、平和構築など、幅広く多様なテーマに関心を持ち取り組んでおり、彼らの関与とイニシアチブが地域、国内、国際的文脈における前向きな変革に貢献していることを認識すること。
すべての少女と若い女性の人権と自律性を尊重し保護すること、また、オンラインとオフラインの両方において、脅威、脅迫行為、報復、暴力や嫌がらせに対するセーフガードを確保しつつ、彼らの主体性を積極的に促進し支援すること、そして、彼らが直面する構造的障壁と制度的不利を取り除くための具体策を講 じることの必要性を強調すること。
教育を受ける権利、および包括的で質の高い教育へのアクセスは、変革の可 能性を持ち、すべての女性と女児が行為に参加する権利を含む自らの人権を主張することを支援する乗数的権利であることを認識すること。
また、社会を形成する意思決定プロセスに完全、平等、かつ有意義に参加することである。
女性及び少女に対する差別は平等の原則に違反することを想起し、国は既存のジェンダー不平等を考慮に入れ、対処することを含め、実質的な平等及び非差別を促進するための効果的な措置を確保すべきであること。



1. 国家に呼びかける:
(a) 女子差別撤廃条約を批准又は加盟すること、及び、同条約の選択議定書を特に優先的に批准又は加盟することを検討すること。
(b) 条約法に関するウィーン条約に従って、いかなる留保も条約の目的及び趣旨と相容れないことを確保するために、留保の範囲を限定し、かつ、できる限り正確かつ狭義に策定すること。
(c) 女性及び女児の司法、救済及び効果的な救済へのアクセスに関連するものを含め、適切な法律、規制、政策及びプログラムを通じて条約を実施すること。
(d) 女子差別撤廃委員会およびその他の人権条約機関に全面的に協力し、適宜、その勧告を実施すること。
2. 女性及び女児に対する差別に関するワーキンググループ2 が行った作業に留意し、あらゆる生活領域において差別を引き起こし又は永続させる家父長制及び性別の固定観念を防止、是正及び除去するために必要な一時的特別措置を含む適切な措置を採択することによって実質的平等を支援する国際的義務に関する国家に対する勧告を含む。
3. 国家に呼びかける:
(a) 風習、伝統、文化や宗教の誤用を含むあらゆる理由に基づき、女性と女児の行動や言動を排他的または不当に対象とし、犯罪とするすべての法律と政策、および女性を差別する法律と政策を廃止し、不処罰を終わらせ法律の差別 的適用を防止、排除、是正する説明責任メカニズムを構築すること。
(b) 特に、年齢、人種、性別、障害、女性や少女の現実の歴史的、社会的、経済的、文化的、政治的文脈を考慮した交差的アプローチを用いて、国際人権義務に従ってすべての提案された法律と既存の法律を見直すことを検討すること。
(c) オンライン・オフラインを問わずあらゆる生活領域において、実質的な男女平等、すべての女性と女児の社会的・政治的・経済的エンパワーメントを促進し、あらゆる形態の差別、ジェンダーに基づく暴力やハラスメントを防止・排除するための法律、規制、政策、プログラムを促進・実施する。
4. 国家に要請する:
(a) 特に、ジェンダーに基づく偏見やその他の偏見と闘うことを含め、国家・非国家を問わずあらゆる主体によるあらゆる形態の差別を防止・撤廃し、差別の多重的・構造的・交差的形態が深く有害な固定観念を永続させることを認識しつつ、実質的平等に向けての進展を加速させ女性・少女がその権利を実際に享 受できるように、国際的義務に従って特別措置を行うことによって、すべての女性・少女のすべての人権平等享有を尊重し保護し実現させること。
(b) あらゆる分野において、女性及び女児の年齢と成熟度に応じた完全、平等、効果的かつ有意義な参加を妨げている政治的、法的、実際的、構造的、文化的、経済的、制度的及び物理的障害並びに宗教の誤用に由来する障害を除去し、官民部門のあらゆるレベルの意思決定における女性のリーダーシップへの参加を含み、リーダーシップにおける多様性と包摂的かつ可能なリーダーシップ文化を積極的に推進し、また、参加促進のための立法措置を含む暫定的な特別措置を採用することを考慮すること。また、必要に応じて、信頼できる参加に関する細分化されたデータに基づき、参加を拡大することを目的とした立法を含む一時的な特別措置を採択することを検討すること。
2 A/HRC/47/38およびA/HRC/50/25を参照。

(c) 家族内を含む実質的な男女平等を支援すること。特に、COVID-19の大流行が女性と少女、特に社会的に疎外され弱い状況にある女性にとって悪化させた、無償の介護と家事に関する責任を平等に分担するための措置を促進すること。
(d) COVID-19のようなパンデミックとその他の保健上の緊急事態に関して、準備、対応、回復に関するタスクフォース、常任委員会、その他の意思決定機関における女性の代表性とリーダーシップを確保し、その強化された参加のための資金と支援の配分を促進し、それらの空間における女子の有意義な参加と積極的協議を促進すること。
(e) ジェンダーに基づく差別の根本原因、家庭内暴力を含む性的・ジェンダーに基づく暴力の防止を含むテーマについて、教師養成コースにすべての女性と少女の権利に関するカリキュラムを組み込むことによって、また証拠に基づく包括的なセクシャリティ教育への普遍的アクセスを確保することによって、教育、コミュニティにおけるメディアやオンラインでの男性と少年を巻き込んだ長期的意識改革の取り組みを促進すること。
(f) 国家公務員のためのジェンダー・バイアスとの闘いに関するあらゆる研修に、複数の交差する形態の差別の理解を含めること。
(g) 実質的なジェンダー平等の達成に関連するすべての法律と政策の作成、設計、実施および監視において、女性および少女の権利団体、フェミニスト団体、女性および少女の人権擁護者、少女および若者が主導する団体を含む市民社 会の完全、有効、有意義かつ平等な参加のための環境を整備、支援、保護すること。
(h) 障害のある女性を制限し、政治的・公的生活への効果的かつ完全な参加を妨げているあらゆる法律や政策を見直し、適切な場合には廃止すること。また、ケアとサポートのシステムが適切に資金を供給され、コミュニティの包摂を 支援する方法で実施されるような措置を講じること。
5. 国家に呼びかける:
(a) 貧困や資源へのアクセスの欠如など、彼女たちが直面する障壁の根本原因に取り組み、彼女たちの主体性を強化することによって、いかなる差別もなく、彼女たちが関心を持つすべての問題、特に彼女たちに影響を与える問題につ いて、少女と同様に若い女性の完全かつ包括的で有意義な参加と積極的な関与を促進すること。また、彼らに力を与え、彼らが自己を表現し、彼らのコミュニティ内外で変革の担い手となることを可能にするような、生活スキルやリーダーシップ、トレーニング、機会(キャッチアップ教育、識字教育、デジタル識字スキル、人権教育、生涯教育機会、遠隔学習機会など)を与えることによっても、差別されることはない。
(b) 少女と若い女性の活動家が、オンライン、オフラインを問わず、安全でアクセス可能な空間を作り、その中で自由に、有意義に参加し意見を述べるこ とができ、彼らの意見は十分に考慮されること。それには、子ども議会や若者議会などの正式なメカニズムや制度、ジェンダー、障害、年齢の視点を持つ他の可 能なメカニズムも含まれ、不平等の根本原因に取り組む包括的な方法で行うこと。
(c) 女子の年齢と成熟度に応じ、公的生活への全面的、効果的、包括的か つ有意義な参加と、政策決定に影響を与える機会を奨励し促進することを目的と


した、女子と若い女性が主導するグループ、組織、ネットワークの形成を可能にし支援する政策措置と法律を採択すること。

世代間の対話、協力、連帯を促進する指導プログラムを作成・強化し、適切な女性のロールモデルを提供することなどによって。
(d) 女子と若い女性の人権(公務の遂行に参加する権利、表現、結社及び集会の自由並びに情報を求め、受け、伝える権利を含む)を尊重し、保護し、実 現する包括的な国内法及び政策を採用し、ジェンダー、障害及び年齢の視点を統合し、女子と若い女性の市民権及び政治権の行使を阻害する差別的障害を取り除き、いかなる制限も国際人権法に適合することを確保すること。
(e) 家族、政府関係者、司法部門、教育者および教育機関、地域社会、市民社会組織および関係者、信仰団体、メディアおよび民間部門を含むすべての関 係者が、少女および若年女性が自由に情報に基づいた見解を形成できるように奨 励し、そのために以下のことを確保することによって支援するために、持続可能 な啓発キャンペーンおよび政策を含むすべての必要な措置を採用すること。特に、包括的で質の高い教育および保健医療へのアクセス、個人の全人的発達、エン パワーメントおよび自己認識の促進、包括的で自由かつアクセス可能で子どもにやさしい情報の提供、私生活および公的生活における意思決定過程への積極的参加の促進を確保することにより、少女および若年女性が自由に情報に基づいた見 解を形成できるようにし、その点で彼女たちを支援すること。
(f) 少女と若い女性のジェンダーに関連するデジタル・デバイドを解消するための具体的な措置を採用し、アクセス、手頃な価格、デジタル・リテラシー、プライバシー及びオンラインの安全性に特に注意を払い、情報通信技術の使用を強化し、情報通信技術の設計及び実施並びに政策決定及びそれを導く枠組みにおけるジェンダー及び障害の視点の主流化における機会平等を促進すること。
(g) 少女と若い女性の活動家を、オンライン・オフラインを問わず、私生活または公的生活におけるあらゆる形態の差別、暴力、嫌がらせ、脅迫または報復から保護し、人権侵害と虐待に対する説明責任を確保するために、特に、アクセス可能で子どもに優しい苦情処理カニズムを設置し、適用可能な国際的苦情 処理手続きへのアクセスを容易にすることにより、ジェンダー、障害、年齢の観点から保護システムを確立すること。
6. また、各国に指示された政策や行動を実施するよう求めている。
(a) 女性と女児に対するあらゆる形態の差別を防止し撤廃するための啓発プログラムを含む証拠と優れた実践を収集、共有、促進、支援、実施し、広く公表すること、また、複数の、交差する形態の差別に直面している者を含む女性と 女児に対するジェンダーその他の固定観念、否定的な描写に対抗し、性的暴力と ジェンダーに基づく暴力を削減すること、すべての状況においてジェンダーその他の固定観念ジェンダーに基づく差別と戦うための啓発プログラムの実施を促進し支援すること。
(b) あらゆる形態の差別とジェンダーに基づく暴力の防止と撤廃を目的とした法律の効果的な実施と執行のために、司法と説明責任のメカニズムへのアクセスとタイムリーで効果的な救済を確保する。これには、女性と少女に関連法の下の権利について利用しやすい方法で知らせ、法的基盤を改善し、法の下の平等 と法による女性と少女の平等な保護を確保するために年齢、障害およびジェンダーに対応したトレーニングを司法制度に主流化することが含まれる。
(c) 女性と女児に対する差別と暴力の多重かつ交差する形態の根底にある、人種差別、外国人排斥、家父長制、障害、年齢、性別の固定観念、その他の否定的な社会規範、態度、行動、または女性と女児を下位とみなす不平等な力関係を防止し、排除するために社会と文化の行為様式を修正すること。
7. 国家に対し、社会的およびその他の健康の決定要因への取り組み、法的障壁の除去、尊厳と完全性、身体的自律性への権利を尊重する政策、グッドプラクティス、法的枠組みの開発と施行、家族計画を含む性と生殖に関する保健サービスおよび根拠に基づく情報・教育への普遍的アクセスを保証するなどして、思春期の少女と若い女性を含め、差別、強制、暴力から自由に性と生殖に関する健康を守る権利を尊重、保護、実現させるように要請する。個人のプライバシーを尊重し、妊娠に関連する病的状態の治療を含む妊産婦保健サービスおよび緊急産科医療へのタイムリーなアクセスを確保すること。
8. 各国に対し、性、年齢、障害、その他各国の状況に関連する特性により細分化された発生関連データを体系的に収集し、COVID-19パンデミックが女性と女児に与えるジェンダー特異的かつ交差的な健康、社会
、経済への影響を調査し報告するよう求める。COVID-19の流行に対する対応及び復興戦略において、人権に基づくジェンダー対応のアプローチをとり、女性と少女、特に脆弱な状況にある女性と少女、及び外国人恐怖症、社会的スティグマ、性的・ジェンダー的暴力、家庭内暴力からの保護を含む彼ら特有のニーズに特別な注意を払うこと。生活や社会経済的な機会、検査や治療、ワクチン、尊重され、包括的で強制的でないセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスに関する情報やサービスを含むヘルスケア・サービスへの平等なアクセスを提供する。
9. すべての国に対し、人口調査および世帯調査の設計と展開、ならびに国の統計能力を強化することによるジェンダー統計および性・年齢・障害別データの収集・分析・普及において、人権に基づくアプローチを用いた基準および方法論を引き続き開発し強化することを求める。開発途上国が、あらゆる財源からの財政的・技術的支援の動員を強化することによって性別、年齢、障害、所得、その他国の状況に関連する特性によって、高品質で信頼できるタイムリーなデータを体系的に設計、収集、利用できるようにすることを含め、国の統計能力を強化する。
10. 女性と女児に対する差別に関する作業部会のマンデートを、2010年10月1日の人権理事会決議15/23で規定されたのと同じ条件で3年間延長することを決定し、作業部会に対し、そのマンデートの遂行において年齢の次元を考慮し続け、すべての作業において主流化し、少女が直面する特定の形態の差別を検討する ことを要請する。
11. すべての国に対し、作業部会がその任務を効果的に遂行できるよう、作業部会が要求するすべての必要な利用可能な情報を提供し、作業部会の自国訪 問要請に好意的に応じることを真剣に検討するよう協力および援助を求め、関係国連機関、基金および計画、特にジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関(UN-Women)を招請すること。条約機関およびその他の特別手続、それぞれのマンデートの範囲内で、市民社会アクターおよび民間セクターが、そのマンデートの遂 行において作業部会に全面的に協力することを要請し、作業部会が、その作業への参加および正式な報告によって、女性の地位委員会との関与を継続することを要請する。
12. 事務総長に対し、作業部会の報告が女性の地位委員会及び総会の注意を喚起するよう確保することを要請し、作業部会に対し、女性に対する暴力、その原因及び結果に関する特別報告者及び女性差別撤廃委員会の報告に近接して、毎 年委員会及び総会に口頭報告を提出することを要請する。
13. 人権機関およびメカニズムにおける女性の平等な代表性を確保するためになされた進展および採用されたグッドプラクティスを公表するよう各国に奨励する。
14. 国連人権高等弁務官に対し、人権理事会諮問委員会の報告書「人権機関およびメカニズムにおける女性代表の現在のレベル:ジェンダー・バランスの確保」で同弁務官に宛てられた勧告を実施するための進捗状況を定期的に報告するよう要請する。
15. 2007年12月14日の理事会決議6/30、2007年9月27日の理事会決定6/102および議長声明OS/12/1に示された既存のガイドラインと基準を考慮し、人権理事会の作業への女性の参加を強化する手段を検討するよう各国に奨励する。
 

16. 第56会期において、その作業計画に準拠し、女性及び女児に対するあらゆる形態の差別の撤廃の問題を最優先事項として引き続き検討することを決定する。

17. 第56会期において、その作業計画に準拠し、女性及び女児に対するあらゆる形態の差別の撤廃の問題を最優先事項として引き続き検討することを決定する。

18. 第56会期において、その作業計画に準拠し、女性及び女児に対するあらゆる形態の差別の撤廃の問題を最優先事項として引き続き検討することを決定する。