リプロな日記

中絶問題研究者~中絶ケア・カウンセラーの塚原久美のブログです

ここにとどまる: 国際人権法における性と生殖に関する健康と権利の進化

忘備録

Laws | Free Full-Text | Here to Stay: The Evolution of Sexual and Reproductive Health and Rights in International Human Rights Law
仮訳します

ルシア・ベロ・ピッツァロッサORCID著
フローニンゲン大学越境法学科、9712EAフローニンゲン、オランダ
Laws 2018, 7(3), 29; https://doi.org/10.3390/laws7030029
受領済み: 2018年5月8日/改訂:2018年7月18日/受理された: 2018年8月3日 / 掲載:2018年8月7日
(この論文は「人権問題」部門に属します)
Downloadkeyboard_arrow_down バージョンノート
要旨
 性と生殖に関する健康と権利は、国際的な場でますます認識されるようになってきたが、その発展や範囲と内容の定義は、論争なしに受け入れられてきたわけではない。人口管理から人権へ、人口学者の権限から政府の特権へ、カップルの権利から普遍的な権利へ、本稿では国際的な場における性と生殖に関する権利の変遷を概観する。これらの権利の発展を単独で読み解くことはできず、社会的・政治的運動、イデオロギー、宗教、革命を抱える広範な風景とともに分析しなければならない。セクシュアル&リプロダクティブ・ヘルス&ライツを、時代を超えた普遍的なものではなく、歴史的な創造物であると理解することで、私たちは歴史的な情報に基づいた、より成功しやすい手段や政策を考案することができる。この論文は、過去のトレンドと、それが発生した状況を概観することで、学術文献に貢献するものである。これらの権利の歴史をたどることで、セクシュアル&リプロダクティブ・ヘルスへの権利を実現するための国家の義務の範囲を明確にし、監視の機会を改善し、違反に対する説明責任を確保することができる。本稿では、これらの(そして今後予定されている)進展を探り、既存の義務、関連するアクター、そして今後待ち受ける課題を明らかにすることに貢献する。
キーワード:国際人権法、中絶、性と生殖に関する権利、家族計画、健康への権利、リプロダクティブ・ヘルス、リプロダクティブ・ライツ、女性の権利、ジェンダー

1. はじめに
 セクシュアル&リプロダクティブ・ヘルス&ライツ(SRHR)は、国際的な場でますます認識されるようになってきているが、この進化には論争がないわけではない。これらの権利の発展を単独で読み解くことはできず、より広範な社会的・政治的運動、イデオロギー、宗教の一部として分析する必要がある(Finkle and McIntosh 2002)。本稿の目的は、SRHRの歴史的変遷を辿り、SRHRを時代を超えた普遍的なものではなく、歴史的創造物として理解することに貢献することである(Orford 2012)。過去のトレンド、その変遷、そしてその変化が起こった状況を明確に理解することで、SRHRを実現する可能性が高まる。
 本稿では、これらの点を出発点として、SRHRを国際人権法に組み込むことの歴史的変遷を明らかにする。4つの段階を挙げることができる。転機となったのは、1994年の国際人口開発会議(ICPD)、国連の開発アジェンダによって示された分断期、そして2016年の経済的・社会的・文化的権利委員会(CESCR)による性と生殖に関する健康の権利に関する一般的意見22の採択である。
 本稿の構成は、これら4つの段階に沿っている。第2節では、SRHRが人権問題ではなく、人口増加に関する懸念として導入された経緯を示す。第3節では、ICPDがもたらしたパラダイムシフトについて議論し、コンセンサスと妥協という2つの要素を強調する。セクション4では、Agarwal and Ray(Agarwal and Ray 2007)がICPD後の断片化段階と呼ぶものに焦点を当てる。国連の開発アジェンダとSRHRへの影響に焦点を当てる。最後に、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスに対する権利の範囲と内容を定義するICESCRの活動について議論する。
 家族計画を通じた人口抑制への関心から、受胎可能性の抑制だけでなく、強制、差別、暴力から解放された安全なセックスと妊娠を含む、より広範なアプローチへの関心へと、国際人権法の観点からSRHRについての考え方が変化してきたこと、そしてこのような変化をもたらした政治的・社会的状況に焦点を当てる。本稿の限界は、パラダイムシフトの変遷の焦点と分類にある。本稿では、SRHRの進化を特徴づける重要な法的文書が作成された背景に焦点を当てる。これらの主要文書は、SRHRの実現に関する義務の最も権威ある情報源であると理解されている。
 本稿では、普遍的定期的レヴューや国・地域フォーラムにおけるSRHRの発展や、カイロや北京で採択された行動計画のレヴュー会議については触れない。本ペーパーを各段階に分けたのは、上記のパラダイムに対応するためである。重要な法的展開のきっかけとなった主要な支配的な考え方を紹介することを意図し、情報を明確にするためにこのような形で掲載している。本稿は直線的な説明に従うものではなく、議論されたパラダイムが共存していることを認めるものである。

2. 人口抑制のパラダイム 1954年の人口会議から1994年の国際人口開発会議まで
 このセクションでは、1994年までのSRHRの発展における最初の段階について論じる。この時期に、SRHRの後の発展の基礎が導入された。ここで議論される法整備は、人口管理パラダイムの支配的な考え方を示している。
2.1. 最初の人口会議 人口学者の領域としてのSRHR
 国連(UN)は、1954年にローマで、また1965年にはベオグラードで世界人口会議を開催し、人口増加問題を国際的な議題とした。これらの会議の目的は、政策ではなく一般論としてこの問題を議論することであり、参加者は人口学者や人口専門家としてそれぞれ独立した立場で招かれた(Finkle and McIntosh 2002)。人口増加と抑制の問題は、人権の観点からではなく、人口学者の領域に属するものとして概念化された。
 ベオグラード会議(1965年)の頃には、人口増加に関する憂慮すべき文献が増えつつあった1 。当時の一般的な考え方は法律分野にも浸透しており、「世界人口は加速度的に増加している」というもので、その最も脅威的な結果は「大量飢餓の危険」であった(Kellog 1970年)。その結果、一部の政府は人口増加を安全保障上の脅威とみなし、人口抑制の必要性を認識し始めた。
 多くの政府は、出生率を下げ、人口増加を遅らせるために家族計画プログラムを支援した。これらのプログラムは、人口増加が貧困の主な原因であり、開発の障害であると主張する新マルサス主義的な信念に基づくものであった。この信念が一連の強制的な慣行を促し、人口増加に歯止めをかけることを目的に、貧困にあえぐ人々に物質的なインセンティブが提供されたという記録が数多く残っている。こうした慣行の例には、女性に中絶手術を受けさせたり、社会的圧力をかけて出生率を監視・管理させたりすることが含まれる(Zeidenstein 2009; Garcia-Moreno and Claro 1994)。
 1968年、国連加盟国はテヘランで開催された国際人権会議に集まり、人口抑制が人権の向上と明確に結びついた最初の瞬間となる決議を採択した。会議に参加した国々は、人口増加の速度を緩めることが、一人ひとりに「人権の享受と生活条件の改善のためのより大きな機会」をもたらすと考えたのである。テヘラン宣言には、「世界の一部の地域における現在の人口増加率は、飢餓と貧困との闘いを妨げ、それによって人権の完全な実現が損なわれている」(国連人口部、1968年)とある。
 このパラダイムの支配的な考え方は、人口増加は「問題」、すなわち人権の享受を妨げるものであるというものであり、その結果、そのような観点からこの問題に対処するさまざまな措置が引き起こされ、正当化されたのである。人権という言葉が人口抑制の議論に初めて登場したのは、最後に取り上げた文書(テヘラン宣言)のときである。人口を減らすことが人権実現の可能性を高めるという主張が、強制的で差別的な慣行と共存していたからである。

2.2. ブカレスト人口会議とその後: 新たなモデルの誕生
 1970年になると、人口管理のための政府の介入という上述のシナリオに影響され、人口会議はもはや「人口学者によって支配される」ものではなくなった。市民社会の積極的な参加を得て、国家代表がこの場における主要なアクターとなったのである(Finkle and McIntosh 2002)。
 ブカレスト世界人口会議(1974年)では、これとは少し異なるアプローチが明るみに出た。これは、人口増加と開発との関係という非常にデリケートな問題に取り組むため、政府高官が集まった最初の世界会議であった2。ある国のグループは、上述のネオ・マルサス的見解に異議を唱え、「人口問題」は低開発の原因ではなく結果であり、問題の本質は資源の不足ではなく、むしろその分配にあると主張した(国連経済社会局2017)。この会議では、人口増加と開発に関する議論において、これまでの会議よりも後発開発途上国の関与が大きくなり、これらの問題に対する人権の中心性への明確な動きが見られた。
この会議で採択された世界人口行動計画(WPPA)は、3つの大きな変化を導入した。第一に、WPPAは人口政策が人権に合致したものであるべきだと明言し、国家に対し、「その全体的な人口目標にかかわらず、自由で、十分な情報を得た上で、責任ある態度で、子どもの数と間隔を決定する人の権利を尊重し、確保する」ことを要求した(国連人口部1974a)。この文言は、子どもの数と間隔を自由かつ責任を持って決定する権利が、人口抑制という政府の利益に優先することを示している。WPPAはまた、人々がこれらの権利を行使する手段を利用できるようにすべきであると示しており、この文言はさまざまな社会的・経済的権利を含むと解釈できる。
 第二に、WPPAは以下の文言を導入した: 「すべての夫婦および個人は、子どもの数と間隔を自由かつ責任を持って決定する基本的権利を有する」(国連人口部1974a)。この規定は、人権の物語にとって戦略的勝利を意味する。夫婦および個人」という表現は、ブカレスト会議に提出された当初の草案にはなかったが、作業部会が新たな原則として挿入した。多くの代表団は「個人」という言葉を取り入れることに賛成したが、他のいくつかの代表団は、この言葉の選択が未婚者に対する避妊具の入手と提供を示唆する可能性があるとして、留保を表明した(国連人口部1974b)。この問題は投票にかけられ、賛成48票(反対41票、棄権6票)で「カップルおよび個人」という表現が承認された。この文言は時の試練に耐え、その後、この文言を変更・修正しようとする努力はすべて失敗に終わった。
 第三に、WPPAは女性の役割の重要性と、この役割と人口政策との相互関連性を強調した。この文書によると、「家族および社会における男女の地位の向上は、生活全体の質を向上させる」ものであり、家族計画において十分に実現されるべきであり、「家族および社会における女性の地位の向上は、希望する場合には、家族の人数の減少に貢献することができ、女性が出産を計画する機会は、個人の地位も向上させる」(国連人口部1974a)。
 1970年代を通じて、特にブカレスト会議(1974年)以降、不妊政策に対するフェミニストの批判は成熟し、1975年にメキシコで開催された国際女性年会議では、いくつかの女性の権利団体が、避妊の研究と実践における強制的な実践を非難し、身体の統合性と管理という概念に基づいて生殖選択の権利を主張した(Correa and Reichmann 1994年)。
 1984年、メキシコシティで第2回国際人口会議が開催され、国連加盟国はWPPAのさらなる実施のための勧告を採択した。この会議で、各国は「人口管理」分野における人権の重要性を確認したが、人口目標の達成における人工妊娠中絶と強制的な慣行の使用というトピックに端を発した論争に直面した。
一方では、WPPAのさらなる実施のための勧告の文言は、間違いなく人権中心のアプローチを反映している。勧告30は、すべての夫婦と個人が、子どもの数と間隔を自由かつ責任を持って決定する権利を有するだけでなく、そのための情報、教育、手段を受けられるようにすることを国家に求めている。さらに勧告31は、家族に関する法律や政策、インセンティブやディスインセンティブのプログラムは、強制的でも差別的でもなく、国際的に認められた人権に合致したものであるべきだと要求している(国連第2回人口会議 1984年)。
その一方で、上記の国際公約と、これらの権利を実施しようとする国家の現実的な政治的意志との間のギャップを明らかにする、2つの論争的な問題が提起された。
 第一に、この会議で米国とローマ教皇庁が中絶に関する立場を表明し、今後数十年間の国際的なアジェンダを設定した。これらの国々は議論において非常に強い立場をとり、中絶を家族計画の方法とみなすべきではないと強調した。プロライフ」と呼ばれる運動は拡大し、アメリカの生殖政治は国際舞台にも波及した。この会議でレーガン大統領は「メキシコ・シティ政策」(あるいは「グローバル・ギャグ・ルール」)を発表し、家族計画のための連邦資金は、家族計画の方法として人工妊娠中絶を実施または推進しないことに同意した外国の非政府組織のみに提供されることを明記した(Solinger 2013)。スウェーデンの代表が提起した「違法な中絶」に関する懸念や、「合法的で安全な中絶へのアクセス」への言及を本文に盛り込もうというロビー活動にもかかわらず、この点に関する合意は得られなかった。実際、勧告18(e)(中絶に言及した唯一の規定)は次のように読める。「女性が中絶を回避できるよう、適切な措置をとること。いかなる場合も、中絶は家族計画の方法として推進されるべきではない」(Grimes 1994; UN Second Conference on Population 1984)。
 第二に、この会議(1984年メキシコ)では、中国の避妊政策の採用にも直面した。中国政府が一人っ子政策で用いている強制的な方法の証拠は国際的に注目されていたが、会議は中国の政策を公に拒否することを拒否し、事実上、人権としての家族計画という考え方を台無しにした(Aguirre and Wolfgram 2001)。この拒否は、ブカレストで認められた「夫婦や個人が、子どもの数や間隔を自由かつ責任を持って決定する基本的人権」が、政府の人口統計上の目標に従って、またある政府が「責任ある」と考える方法で、その行使が制限されていることを示していた。
 女性の役割に関しては、勧告の第7項で「女性に社会生活に完全に参加する自由を与えるためには、男性も同様に、家族計画、育児、その他家庭生活のあらゆる側面において、女性と責任を完全に分かち合うことが必要である」(1984年国連第2回人口会議)とされた。この声明は、女性の生殖能力をコントロールする能力と完全な市民権を明確に結びつけており、極めて重要である。
 しかし、条件付きの国際援助、家族計画の選択肢の制限、強制的な慣行は、SRHRを実現する義務と共存しており、現在もそうである。上述した会議の成果文書や、中絶や強制的な慣行の使用に関して採択された立場は、人口増加の分野において、生殖における女性の中心的役割が最優先の関心事ではなかったことを示している。
 当然のことながら、人口管理のパラダイムは広範な批判に直面した。それは、(i)人口目標を達成するために女性の身体を道具化し、(ii)構造的な問題に対処していないと考えられたからである。最初の点に関して、学者たちは、このアプローチが一貫して、リプロダクティブ・ヘルスと権利への統合的なアプローチよりもむしろ避妊を志向していたこと、そしてそのジェンダー中立性が女性特有の生殖責任を軽視していたことを指摘している(Correa and Reichmann 1994)。クックの言葉を借りれば、「女性はプロセスから利益を得たが、その中心にはいなかった。彼女たちは客体であり、主体ではなかった」(Van Eerdewijk 2001; Cook et al.) 第二の点については、少子化戦略において貧困にあえぐ女性に焦点を絞ることで、社会的不平等の次元に何ら対処することなく、人口増加を減速させるための人口政策が導入された(Petchesky 2003; De Barbieri 1993)。ハルトマンは、「土地再分配、雇用創出、大衆教育や医療の提供、女性の解放など、大いに必要とされた改革は都合よく無視された」と指摘し、このアプローチは注意と資源をそらした(Hartmann 2016)。
 人口抑制のパラダイムは女性運動によって強く批判されたため、その後の会議でこうした考え方に異議を唱える女性の権利団体が積極的に参加するきっかけとなった(Correa and Reichmann 1994)。

2.3. 人権の不可分性
 ウィーンでの世界人権会議(1993)は、すべての人権の不可分性を支持し、すべての人権の女性による完全かつ平等な享有と、隠れたものであれ、あからさまなものであれ、女性に対するあらゆる形態の差別の根絶を保障するよう各国に求めた(UN World Conference on Human Rights 1993)。
 この会議において、女性の権利活動家や団体は、国連人権システムが女性の尊厳と人権を促進・保護していないと主張した。SRHRという特別なテーマについて、この会議の行動計画は、女性が生涯を通じて最高水準の身体的・精神的健康を享受することの重要性を認識し、最も広範な家族計画サービスに対する女性の権利を再確認した(国連世界人権会議1993)。

3. 「リプロダクティブ・ライツは人権である」: 人権のパラダイム
3.1. カイロにおける人口と開発に関する国際会議(1994年): すでに認められている人権の相互作用
1994年にカイロで開催されたICPDは、人口に関する国際的な議論の転換点となった。家族計画による純粋な人口管理から、不妊治療だけでなく、強制や差別、暴力のない安全なセックスや妊娠を含む、より広い分野へと、人口問題に対する考え方やアプローチに大きな転換をもたらしたと考えられている。
 RosemanとReichenbachは、「ICPD以前は、人口問題に取り組む国際的な語彙や各国の政策は、完全に女性の生殖能力として理解される生殖能力のコントロールに焦点を当てていた」と指摘している(Reichenbach and Roseman 2009)。この会議は、女性の人権を無視したり侵害したりする政府のトップダウンの努力を正当化しただけでなく、開発政策が人権を確保することなしに成功することはありえないということを認識することによって、議論を一変させた。ICPDのアプローチは、人口抑制パラダイムの技術的/垂直的な見方とは逆に、水平的、全体的、人権に基づくものと定義されている。

3.1.1. ICPDのコンセンサス
 ICPD行動計画(ICPD PoA)は、政府の人口政策は人権の礎の上に築かれなければならないというコンセンサスを確立した。同会議が採択した一連の定義は、上記のパラダイムシフトの証拠となるだけでなく、SRHRの概念を解釈するために、すでに認められている権利を基礎としているため、言及する価値がある。この言及は、このセクションで論じられるが、人権に関するすべての法的発展を人口と開発の分野にもたらした。
リプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)という用語は、アムステルダムで開催された第1回女性と健康に関する国際会議(1984年)で作られた非制度的な枠組みであり、当初は先進国における合法的な中絶と避妊の権利を求める闘争と結びついていた(Mattar 2008)。ICPDはこのアプローチを踏襲・拡大し、リプロダクティブ・ライツという概念を国際社会に導入し、二重の定義を採用した。一方では、リプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)を「すべての夫婦および個人が、子どもの数、間隔、時期について自由かつ責任を持って決定し、そのための情報と手段を持つ基本的権利、および最高水準の性と生殖に関する健康を獲得する権利」と概念化した。その一方で、これらの権利は「国内法、国際法、国際人権文書、その他の合意文書ですでに認められている特定の人権を包含する」(国連人口開発会議1994a)と述べている。この声明により、PoAは、拘束力のある文書に謳われた人権と結びつけ、権利の不可分性に言及することで、リプロダクティブ・ライツの定義を強化しただけでなく、「新しい権利のカテゴリー」が創設されるというバチカンの懸念も回避することに成功した(UN International Conference on Population and Development 1994b)。
 ICPD PoAはまた、リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)という概念の明確な定義を提示し、世界保健機関(WHO)がすでに用意していた定義を発展させるとともに、男女個人のリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)により焦点を当てた。リプロダクティブ・ヘルスという言葉は、ICPDに少なくとも20年は先行していた女性の健康運動からも生まれた。ICPDは、リプロダクティブ・ヘルスを「生殖系とその機能および過程に関するすべての事柄において、単に疾病や病弱がないだけでなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態」と定義している。従って、リプロダクティブ・ヘルスとは、人々が満足のいく安全な性生活を送ることができ、生殖能力を持ち、いつ、どれくらいの頻度で生殖を行うかを決定する自由があることを意味する」(国連人口開発会議1994a)。
 この時点で、人口抑制パラダイムの下で起こっている強制的な政策、ジェンダーに基づく差別、中絶の権利の制限によって、世界中の組織が活気づいた(Reichenbach and Roseman 2009)。
このリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)の概念は、生殖に関する健康ニーズへの包括的かつ統合的なアプローチを提供し、女性をプロセスの中心に据えるものであるため、PoAでは進歩的であり、狭い範囲に焦点を当てた家族計画プログラムに代わる望ましいものとして支持された。

3.1.2. ホーリーシー(バチカン)、聖なる同盟、そしてICPDにおけるその役割
 リプロダクティブ・ライツとリプロダクティブ・ヘルスという定義の導入は、特にバチカンから多くの論争を巻き起こした。教皇ヨハネ・パウロ2世は、「いわゆる死の文化に直面する中で、家族は生命の文化の中心である」とする書簡を発表した(国連人口開発会議1994c)。この書簡は、彼の任期中、最も白熱したキャンペーンの幕開けとなった。彼は3回にわたって会議の参加国に対して演説を行い、行動計画の草案に関するローマ教皇庁の公式見解を述べたいくつかの文書が提出された。これらの文書の中で、バチカンは中絶、個人の性と生殖に関する権利、不妊手術、コンドームの使用に関する草案に抵抗した。
 バチカンは、ICPDのPoAで使われている「夫婦と個人」という表現は、結婚した夫婦と、その夫婦を構成する男女個人を指すと述べた。バチカンによれば、伝統的な異性間の一夫一婦制の結婚以外の人々には、性的・生殖的権利が認められ、保障されるべきではないという。ICPDにおけるバチカンの声明は、「バチカンは、家族を弱めたり、他の生活様式に家族の地位を割り当てるなど、その構造を根本的に再定義しようとするいかなる試みも強く拒絶する」と述べている(国連国際人口開発会議1994b)4。
 こうした考え方は、当初はイスラム戦線からも支持されていた。ICPDに先立ち、ローマ教皇庁の関係者は世界ムスリム連盟やその他のイスラム団体の代表との会合を開いた。彼らは共同声明の中で、ICPDの「極端な個人主義」と「道徳的退廃」を批判した。しかし、この盟約は会議の途中で決裂した。ローマ教皇庁は中絶を最も懸念し、イスラム諸国は青少年の家族計画サービスへのアクセスを阻止し、性的健康と性的権利に反対することに重点を置いた(Zimmerman 2015)。
 文献はこれを「聖なる同盟」と呼んでいる。宗教団体が一緒になってSRHRという言葉や、ジェンダー平等という概念そのものと戦ったからである(Hulme 2010; Berer 2001)。このような対立の根底にある考え方は、「女性とセクシュアリティの行使に対する否定的で決定的な差別的ビジョン」であると、Mattarは指摘している(Mattar 2008)。このような同盟関係は、人権の普遍性を脅かすものであり、女性や未婚者、性的少数者などのSRHRを奪うために宗教、文化、伝統を政治的に利用するものであるとして批判されてきた。後述するように、保守的な宗教団体がSRHRの発展に反対したのは今回だけではない。
 最終的に、ICPDのPoAの最終版はバチカンによって部分的に承認されたが、これは、人口と開発というトピックに関するこのような文書に対して、バチカンが初めて適格な支持を与えたものであった。

3.1.3. SRHRの策定における既に承認されている人権の役割
 ICPD PoA は、以前から謳われ、広く受け入れられてきた人権を基礎とし、セクシュア ル・リプロダクティブ・ライツを既に存在する人権として明確化し、生殖に関連する経験 に具体的に適用している(Reichenbach and Roseman 2009)。同書は、リプロダクティブ・ライツは、国内法、国際法、国際人権文書、その他の合意文書において「すでに認められている」特定の人権を包含していると述べている。
 SRHRの定義を支えるこれらの「すでに認められている権利」は、国連の中核的人権条約を直接参照し、SRHRの侵害に対処する際の国連条約監視機関の活動の根拠となり、また刺激となっている。本節では、国連の様々な監視機関が、SRHRの実現に向けた国家の行動を監視し、その違反を評価するために、これらの条約によって成文化された「すでに認められた」人権をどのように利用してきたかを紹介する5。
 上述したように、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約第12条に明記されている健康に対する権利は、SRHRの範囲と内容を定義する上で重要な役割を果たしてきた。すなわち、女性も男性も、生殖を行うかどうか、いつ行うかを決定する自由を有し、安全で、効果的で、手ごろな値段で、受け入れられる家族計画の方法を選択し、情報を得る権利、そして適切な保健医療サービスを受ける権利を有するということである。さらに、一般的意見14は、セクシュアル・アンド・リプロダクティブ・ヘルスに関する情報を得る権利を、健康に対する権利の不可欠な要素として位置づけている。(国連経済的、社会的及び文化的権利委員会 2000年)。
 さらに、市民的及び政治的権利に関する国際規約の第6条1項で認められている生命への権利は、安全でない人工妊娠中絶の結果、つまり予防可能な妊産婦の死亡の蔓延が母体の生命への権利を阻害するという国連の監視機関の主張を支えてきた。例えば、人権委員会HRC)は国家に対し、「女性が望まない妊娠を防ぐのを助け、生命を脅かす秘密の中絶を受ける必要がないようにする」ことを求めた(国連人権委員会2000年)。女性差別撤廃委員会(CCEDAW)もまた、多数の最終見解の中で、安全でない人工妊娠中絶による妊産婦死亡の問題に大きな注意を払い、この問題を女性の生きる権利の侵害として明確に位置づけている(国連女性差別撤廃委員会1998年)。
 平等と非差別の権利もまた、女性が出産とほとんどの場合育児の健康上の結果を負担していることから、極めて重要である。女性に対する人権侵害、ひいては病気や障害、早死にに対する女性の脆弱性は、根深い男女差別のパターンによって永続化されることが多いと広く信じられている。女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約は、女性のリプロダクティブ・ライツを肯定する唯一の人権条約である。第12条(保健医療分野において差別を受けない権利)と第16条(婚姻及び家族関係に関するすべての事項について差別を受けない権利)の相互作用は、女性のSRHRを認める上で極めて重要である。CCEDAWは、女性と健康に関する一般勧告第24号において、妊娠・出産における女性の健康に対する権利と、女性の他の人権との間に表裏一体の関係があることを認めている(国連女性差別撤廃委員会1999年)。委員会は、リプロダクティブ・ヘルス・サービスの提供は女性の平等にとって不可欠であり、"締約国が女性のための特定のリプロダクティブ・ヘルス・サービスの実施を法的に提供することを拒否することは差別的である "と説明している。(1998年国連女性差別撤廃委員会)。

 市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(ICESCR)、女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(CEDAW)の採択は、SRHRの発展に強力な法的枠組みを提供した。国連の人権条約機関は、SRHRの規範的内容を確立し、これらの権利と国家の義務に具体的な意味を与える上で重要な役割を担っている。以下のセクションで示すように、これらの機関は、一般的コメントや報告書においてSRHRの実現に関する国家の範囲と義務を定義し、定期報告書や個別通報から派生する勧告を通じて、その実現に向けた国家の取り組みを監視することにより、時とともに、国家の実績の監視においてより大胆な役割を担うようになった。

3.2. カイロの妥協
 ICPDは確かにコンセンサスを表したが、同時に、中絶という重要なトピックにおける重要な妥協点でもあった。この問題は激論を巻き起こし、最終文書は当初想定されていた会議の前向きな成果とはかけ離れたものとなった。ベラーは、ICPDのPoAが他のテーマに関してとっていたエビデンスに基づくアプローチから距離を置き、中絶を受胎調節の手段や正当なリプロダクティブ・ヘルス・サービスとしてではなく、予防しなければならないものとして扱ったと指摘している(Berer 2009)。レーガン政権の要請により1984年に初めて策定された以下の文章は、中絶に対するICPD PoAの全体的なアプローチを示している: 「いかなる場合も、中絶を家族計画の方法として推進すべきではない」(国連人口開発会議1994a)。
 ICPDは、安全で合法的な中絶の普遍化を要求するには至らなかったが、安全でない中絶が公衆衛生に及ぼす影響を直視し、中絶が法律に反していない状況においては、そのような中絶が安全であることを保証するよう、国家加盟国に要請した。この条項はバチカンから強く批判され、バチカンは「個人的権利の新たなカテゴリーを創設することを目的とした政策を通じて、中絶の権利を認めることを拒否する......いかなる国も、中絶行為を禁止または規制する自国の法律を変更または違反することを強制されるべきではない」(国連UNDP委員会1999)と反論した。
 この妥協は、国際的な場における包括的なSRHRアジェンダの推進に悪影響を及ぼした。中絶の問題は政治機関の議論にはほとんど登場せず、ICPDの妥協案は「すべての会議に遍在していた」(Miller and Roseman 2011)。その後数十年間、ポール・ハントのようなSRHRの主要な提唱者でさえ、1994年のICPDの合意以上の要求を押し出すことはなかったと指摘されている。

3.3. 第4回世界女性会議(1995年)、北京宣言、行動綱領: 決定的自治の強化と性的権利の取り込み
1995年、北京宣言と行動綱領(PfA)は、「すべての女性が自分の健康のあらゆる側面、特に生殖能力をコントロールする権利は、女性のエンパワーメントの基本である」と認識した(国連第4回世界女性会議1995)。同会議は、ICPDで示されたSRHRに関する目標と基準を再確認したが、女性の利益について詳しく述べ、「性的関係と生殖に関する女性と男性の関係は、人格の完全性の完全な尊重を含め、性的行動とその結果について相互の尊重、同意、責任の共有が必要である」とした。さらに北京PFAは、国連加盟国に対し、自国の法律、特に「違法な中絶を行った」女性に対して依然として懲罰的措置を課している法律を見直すよう直接求めた。
 北京において、バチカンはSRHRと女性の権利の真の向上と考えられるものとの間に区別をつける努力を続けた。バチカンの代表団は、そのような進歩は「男と女に関する人間学的な基本的真理」を深く認識することによってのみ起こり得るとし、SRHR運動は「大部分が個人主義的」であると述べた(Coates et al.) 上記のような邪悪な同盟関係は、この会議にも存在し、北京行動綱領がセクシュアリティと生殖機能に関する女性の自律性を扱う方法を標的としていた(Steans and Ahmadi 2005)。

4. ICPD後の分断の時代
 1994年に得られた勢いは、その後、分断の時代を迎えた。様々な著者(Garita 2014やCorrea and Reichmann 2005)は、ICPDをSRHRの機運の絶頂期と表現し、議論が分散し、例えば定量化可能な目標に限定されたり、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスに限定されるが権利は限定されないといった、断片的な方法でこのテーマが扱われるようになったことを指摘している。
 例えば、(a)ジェンダーの平等(持続可能な開発目標、SDGsを参照)を達成する上でSRHRが果たす重要な役割と、持続可能な開発との不可分の関連性が認識された、 (b)SRHRに関する測定可能なマーカーの採択(およびSRHRの定量化可能な目標へのやや縮小)、(c)条約監視機関のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスへの権利(セクシュアル・リプロダクティブ・ライツという観点からの精緻化はない)および潜在的に生命への権利(中絶に関する重要な結果を伴う)に関する精緻化の作業。

4.1. 国連開発アジェンダとSRHR:ミレニアム開発目標と持続可能な開発目標
 2000年、ミレニアム開発目標MDGs)の議論において、SRHRに反対する政治家たちは、SRHRの実現が目標達成に重要であることを(直接的、間接的を問わず)回避しようとした。
 ターゲット5AはMDGsの保健目標の最初のターゲットであり、その目的は妊産婦死亡率を4分の3削減することに限定されていた。リプロダクティブ・ヘルスへの普遍的なアクセスを目的としたターゲット5Bは、5年後の2005年に追加されたばかりで、実施されたのはその7年後だった。こうした反対は、例えば、(妊産婦の健康の代わりに)リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)という用語の導入を阻み、MDGsがより包括的で人権に準拠した枠組みを採用することを妨げた。
 MDGsはもともと、健康(特に妊産婦と新生児の健康)を改善し、経済とジェンダーのエンパワーメントを促進する上でSRHRが果たす役割と重要性については完全に沈黙していたため、ほとんど達成できなかったのは当然である(Galati 2015)。MDGsは、女性の健康の基本的な決定要因としての女性の権利を取り上げておらず、セクシュアリティや生殖よりも妊産婦の健康に意図的に焦点を当てているとして、厳しく批判されてきた。資金調達の観点からは、目標の記述にSRHRが含まれていないことは、ドナーや各国に対して、他に注意を向けるべきだというシグナルとなった。ここでもまた、SRHRを「妊産婦の健康」に限定するような狭いアプローチは、目標の効果的な達成や、ジェンダー平等など他の目標の達成に貢献する可能性に影響を与えた(Yamin and Boulanger 2013)。
 最も最近採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(2015年)には、SRHRの分野で達成すべき目標とターゲットが含まれており、ICPDや北京プラットフォームなどの人権文書への明示的な言及が含まれている7。 より広範な開発という観点からは、SRHRは「持続可能な開発目標」(SDGs)の主要目標の一つでもあり、SRHRに関する人権条約への直接的な言及はターゲットそのものに見られる。SDGs3では、各国政府は2030年までに「家族計画、情報、教育を含むセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスケアサービスへの普遍的なアクセスを確保し、リプロダクティブ・ヘルスを国家戦略やプログラムに統合する」ことに合意した(ターゲット3.7)。また、SDG5では、「ICPDの行動計画と北京行動綱領、およびそれらの再検討会議の成果文書に従って合意されたとおり、性と生殖に関する健康とリプロダクティブ・ライツへの普遍的アクセスを確保する」(目標5.6)ことに合意した。女性、子ども、青少年の健康のための世界戦略(2016-2030)」は、特に権利の享受に対する障壁を取り除き、ジェンダー平等を促進することによって、健康とウェルビーイングの権利を達成できる「実現可能な環境を拡大する」ことを主要目標としている(Bustreo et al.) MDGsとは異なり、SDGsはSRHRを中心に女性の健康を再構築し、妊産婦の健康に限定されず、生殖能力から独立して存在するライフサイクルアプローチを採用している。

4.2. 国家の義務の定義 性と生殖に関する健康への権利に関する一般的意見22と生命への権利に関する一般的意見33草案
 2016年、SRHRに関する議論は、ICESCRの条約監視機関であるCESCRによって、性と生殖に関する健康への権利に関する一般的意見22(GC22)が採択され、画期的な進展を見た。実践において重大な侵害が続いていることに対応し、セクシュアリティと生殖の問題に対する人権に基づく明確なアプローチを採用するため、CESCRはGC22を採択し、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスへの権利を実現するための国家の法的義務について幅広く言及した(国連経済的、社会的及び文化的権利委員会2016)。
 前節で示したように、SRHRという概念は高度に政治化された文脈から生まれたものであり、その定義は保健活動家、人口科学者、宗教的保守派のいずれが用いるかによって異なる(Basu 2009)。第一に、特にICPDと北京会議によって達成された発展、第二に、SRHRに関する国家の義務の範囲と内容の定義にゆっくりと、しかし着実に貢献してきた国連の監視メカニズムによる有益な仕事である。
すなわち、(a)ライフサイクル・アプローチを採用し、SRHRを「妊産婦の健康」に還元しないこと、(b)SRHRは他の人権と不可分であると同時に相互依存的であることを認識すること、(c)SRHRにおけるあらゆる形態の強制的慣行を拒否すること、(d)SRHRの特にジェンダー化された経験を認識し、女性の生殖能力のために、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスに対する女性の権利の実現は、その人権の全範囲の実現に不可欠であると述べている。
 GC22は、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスに対する権利は、既存の国際人権文書に基づき長年認識されてきた健康に対する権利の不可欠な一部であることを確認している8。
一般的意見22で提示/特定されている性と生殖に関する健康への権利を尊重し、保護し、履行する法的義務は、締約国に明確な指針を与えるものである。GC22によれば、尊重義務は、国家が個人のセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)を行使する権利に干渉しないことを求めている。そのような干渉の例としては、中絶を犯罪化する法律や慣行、あるいは特定の保健サービスを公的あるいはドナー資金によるプログラムから除外する法律や慣行など、保健サービスや情報へのアクセスを制限したり拒否したりすることが挙げられる。
 保護義務の下で、国家は個人の性と生殖に関する健康への権利を第三者による干渉から保護しなければならない。これには、保健サービスに対して実際的または手続き上の障壁を課す民間の保健クリニックや保険・製薬会社からの保護も含まれる。国家は、第三者がセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスへの権利の享受を損なうような行動をとることを禁止する法律や政策を導入しなければならない。
履行義務は、国家に「性と生殖に関する健康に対する権利の完全な実現を確保するために、適切な立法、行政、予算、司法、宣伝およびその他の措置を採用する」ことを義務づけている。国家は、緊急避妊や安全な中絶サービスへのアクセスを含む、性と生殖に関する保健医療への普遍的なアクセスを確保するための措置を講じなければならない。国家は、すべての人に性と生殖に関する包括的な教育を提供し、個人が性と生殖に関する健康の権利を行使することを妨げる社会的障壁を根絶するための措置を講じることが求められる。
この一般的意見は、セクシュアル・ヘルスやセクシュアル・ライツについての詳細な説明には欠けるが、国家の国際的義務を明確にするという点では間違いなく一歩前進である。願わくば、この発展がより良い法的枠組みと政策を基礎付け、世界中で被った侵害に対する説明責任を確実にすることを。
国連人権委員会HRC)の「生命への権利」に関する一般的意見(General Comment)の提出予定について
2015年7月、国際人権規約(ICCPR)の条約監視機関である国連人権委員会HRC)は、第114会期を機に、ICCPR第6条(生命への権利)に関する一般的意見(一般的意見草案33(Draft GC 33))に向けた半日の一般討論を行った。討議に先立ち、HRCは関心のあるステークホルダーに参加と書面による情報提供を呼びかけ、116件の提出を受けた。
 上述したように、生命への権利はSRHR、特に妊娠中絶に関する議論の中核をなしてきた。人工妊娠中絶に関する異なる見解の間の緊張は、広範な分析の対象となってきたが、拘束力のある普遍的文書では明確に決定されていない(国連人権委員会2015)。
 今度の一般的意見の草案で採用された立場は、中絶と生命への権利の問題について国連の監視機関が行った広範な推敲に沿ったものであり、事実上、女性が中絶を求める能力に対するいかなる法的制限も、女性の生命を脅かしたり、深刻な身体的・精神的苦痛や苦しみを与えてはならないことを意味する。しかし、最初の草案ではかなり明確な表現があったため、警戒を怠らないことが重要である。
 妊娠中絶の規制に関しては、どちらの草案でも、締約国は妊婦の生命と健康を守るため、また妊娠を継続することが女性に相当な苦痛を与えるような状況、とりわけレイプや近親相姦の結果であったり、胎児に致命的な障害があるような状況において、中絶への安全なアクセスを提供しなければならないと明確に考えられている。締約国は、女性が安全でない中絶を行う必要がないことを確保する義務に反する方法で、妊娠または中絶を規制してはならない。
 この条文が最終的に決定された時点では、GC33草案の採択とその最終的な内容がどの程度になるかはまだ不明であった。


5. 将来への展望 最後に
 クックは、「いかなる社会も、いかなる宗教も、いかなる文化も、いかなる国内法制度も、人間の生殖の問題について中立であったことはない」と述べている(Cook et al. 実際、SRHRは道徳的、宗教的、倫理的、哲学的な問題を含んでいるため、その認知の歴史には論争がなかったわけではない。本稿では、SRHRが国際的な場でどのように発展してきたかについて、そのアプローチの違い、その結果としての政策の違い、関連する推進力に特に注目しながら論じてきた。南アフリカのアルビー・サックス判事は、「歴史の1ページは論理の1巻に値する」と述べている(Southern African Legal Information Institute 1998)。実際、SRHRの歴史的変遷の分析を通じて、本稿は、法的進歩は直線的なものでもなければ、それが主催された壮大な景観を注意深く考慮しなければ理解できるものでもないことを示した。この分析は、国際人権法の場におけるセクシュアル/リプロダクティブ・ライツの過去と未来の両方に言及するものである。
 一方では、SRHRはその歴史的変遷に言及することなしには完全に理解することができないことを示した。その進化の第一段階は、第2節で述べたように、SRHRをめぐる議論がいかに人口増加を抑制したいという国家の願望から始まったかを示している。このアプローチは、人権に関する乏しい説明に加えて、女性の身体の道具化につながる強制的で差別的な慣行の使用を正当化するものであった。第3節では、ICPDがいかにしてパラダイムの変化をもたらし、SRHRを人権としてより強く認識するようになったかを示す。ICPD会議は、基本的な定義が採択され、強い政治的コミットメントがなされたSRHRの黄金時代を象徴するものであった。この会議の後、2016年まで停滞と新たな反対運動が続いた。1994年以降、国連機関はICPDを枠組みとして、すべてのプログラム、特にSRHRに関連するプログラムに人権に基づくアプローチを採用するよう国家に働きかけてきた。セクション4では、SRHRに対する反対の高まりと、開発アジェンダへのその影響、つまりこれらの権利を「妊産婦の健康」に限定することを示した。このアプローチは、MDGsの時代にはほとんど進展がなく、SDGsの結果もまだ見えていない。GC22は画期的なものであり、過去は常に取り戻され ているというオルフォードの主張を確認し、セクシュアル・ リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)に対する権利 を実現するための国家の義務の範囲と内容を明確にしている (UNFPA 2010; OHCHR 2006; UNFPA 2005)。上に示したように、GC22は、CESCRや他の国連監視メカニズムが以前に行った広範な作業を基礎とし、以前の国際文書の豊かな歴史を利用している。GC22は、還元主義的で強制的なアプローチを断固として否定し、人権の独立性と不可分性を認識し、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスに対する女性の権利が、女性の自律性と、女性の生活と健康について意味のある決定を行う権利にとって不可欠であることを確認している。
 その一方で、未来を評価するためには、宗教原理主義、保守的な政治、資金面での制約の増大、ジェンダー正義のための困難な戦いなど、最初の議論から存在する多くの課題に取り組む必要がある。この記事で示したように、SRHRの歴史を辿ると、これらの課題はどれも新しいものではないことがわかる。特に中絶と性の権利に対する保守的な反対の高まり、多様な宗教セクターの間で国連で形成された「神聖でない同盟」、そして資金提供の条件付けは、最初の人口会議まで遡ることができる。
 第一に、SRHRという包括的な概念の中に存在する様々な権利、特に性的権利と中絶は、いまだに強い反対に直面している。Corrêaが指摘するように、「広範な政府間交渉において、性という言葉に言及することさえ極めて困難になっている」(Agarwal and Ray 2007)。人工妊娠中絶の話題については、国際レベルでも国内レベルでも、あらゆる関連問題について対話の余地がますます少なくなっている(Yamin and Bergallo 2017)。
第二に、私たちは「宗教の復活」を目の当たりにしており、それが世界の公共政策において社会的に保守的な見解により大きなプラットフォームを作り出している(Haynes 2013)。NORADが指摘するように、「カトリックモルモン教キリスト教徒とイスラム教徒、ロシア正教徒とアメリ原理主義者は、伝統的価値観とSRHR問題に対する共通の基盤を国連で見出している」(Norwegian Agency for Development Cooperation 2013)。2017年に発表された文化的権利分野の特別報告者報告書は、宗教的原理主義がいかに平等と人権の普遍性の価値を否定し、「純潔」と「慎み深さ」というラベルの下で、女性の人権の享受を制限し、すべての人の性と生殖に関する権利を制限することを目指しているかを強調している(国連人権理事会2017)。1990年代以降、ジェンダーイデオロギーという用語がSRHRの場で新たな力を持つようになった。ジェンダーイデオロギーとは、セックスとジェンダーの切り離し、伝統的なジェンダーの役割に対する批判を指す。SRHRは、とりわけ性と生殖を切り離すことによってジェンダー規範に挑戦することを求めている。ガルバニョーリが指摘するように、ジェンダーイデオロギーという用語は、「カソリック保守界隈の論争を呼ぶ発明であり、戯画化することで、現場研究を委縮させることを目的としている」(Garbagnoli 2016)。中絶の権利、そしてより一般的にSRHRに反対する人々は、そのような権利を認めることは、例えばバチカンが「死の文化」(国連国際人口開発会議1994c)と見なすものを表していると主張し、性と生殖に関する健康と権利を伝統的な家父長制的家族に対する根本的な脅威であると解釈している(Yamin and Bergallo 2017)。
 第三に、1980年代以降、世界的な箝口令により、SRHRのための多額の資金が米国の超党派政治の変動にさらされてきた。特筆すべきは、トランプ大統領版グローバル・ギャグ・ルールが、米国の資金を得るための制限を拡大し、国連人口基金の資金枯渇を決定したことである。その後の資金損失は約90億米ドルと推定され、劇的な結果をもたらす可能性がある(Yamin and Bergallo 2017)。
 本稿では、人権の解釈の進化とその高度化、そして人権活動主義-特に女性の権利-がSRHRに力を与えたことを示した。SRHRを時代を超えた普遍的なものではなく、歴史的な創造物であると理解することで、私たちはより成功しやすい歴史的情報に基づいた政策を考案することができる。反対派の熱意は時を経ても衰える気配がない(Glasier et al. これまでに達成された成果を揺るぎなく守ることが、人権への対応の試金石となるべきである。SRHRは今後も存続する。