リプロな日記

中絶問題研究者~中絶ケア・カウンセラーの塚原久美のブログです

英NHSにおけるバースコントロールと避妊ピル

イギリス国民保険省の家族計画と避妊ピルの歴史のサイト

Birth Control and the Contraceptive Pill on the NHS

仮訳します。

 1961年12月4日、当時の保健大臣Enoch Powellは、下院で、彼が言うところの「避妊薬」がNHSで処方されることを確認した。現在、6年目を迎え、国民保健サービスにおける避妊薬の利用は、国家が支援するバースコントロールの中心的な要素として期待されるようになった。しかし、1961年に保健省が避妊具の提供を決定したことは、それまで国民保健サービスで避妊具を提供することに消極的であったこととは明らかに異なるものであった。

 それ以前は、家族計画協会(FPA)やマリー・ストップスなどの慈善団体による家族計画クリニックが、避妊のためのサービスを提供していた。特に開業医は、避妊のアドバイスや避妊具の提供には消極的であった。1960年代になると、避妊ピルの開発、より信頼性の高いラテックス製コンドームの普及、プラスチック製子宮内避妊具の導入などにより、生殖に関するコントロールが可能になりました。避妊具の使用はより簡単になり、その結果、より一般的になりました。しかし、多くの点で、他の種類の避妊法よりも20世紀における最も重要な医学的進歩の一つとして強調されてきたのはピルでした。戦後、女性解放運動が起こり、男性だけでなく女性にも性の自由をもたらしたという点で、主導的な役割を果たしたと考えられている。しかし、その一方で、健康への不安や道徳的な議論も引き起こし、国民健康保険サービスの文脈の中で、特に注目されるようになった。

 避妊ピルは、1950年代にグレゴリー・ピンカス博士を中心とするアメリカの科学者が、女性の権利運動家マーガレット・サンガーの支援を受けて開発した。ホルモン系の避妊薬として、妊娠の状態を模倣し、妊娠を相殺するものである。その結果、初めて市販された経口避妊薬であるEnovidがアメリカで発売されました(1960年認可)。イギリスでは1960年にピルの臨床試験が行われ、バーミンガム、スラウ、ロンドンでさまざまな結果が出たが、それでも保健省はNHSでの使用を承認した。ピルの開発により、避妊具の提供における医師と薬剤師の役割は変わりました。経口避妊薬には医師の助言が必要であり、そのため医療従事者が家族計画サービスの提供に関与するようになったのです。

 1961年10月、家族計画協会の医療諮問委員会は、コナビットのような経口避妊薬をFPAのクリニックで入手できるようにすることを勧告した。当初はこれが主な供給源であったが、NHSでピルが使えるようになることが決まり、1960年代前半には一般開業医からの処方が急速に増加した。英国市場で入手可能なピルの銘柄は、1963年の5種類から1966年には15種類に増えていた。患者は開業医に避妊薬について尋ね、処方箋をもらうことが多くなり、1970年には、16〜40歳の既婚女性70万人が開業医を通じてピルを入手するようになった。

 ピルは発売当初から健康への不安がつきまとい、発売直後にアメリカではピルの使用と血栓脳卒中、心臓発作の関連性が報告された。1970年代には、喫煙とピルの服用が血栓のリスクを高めることが報告された。1980年代初頭には安全性への不安から使用者が減少し始め、1990年代には血栓症への懸念がメディアで大きく取り上げられ、この現象が繰り返された。

 国民保健サービスは、既婚女性と独身女性の両方に対するピルの人気に適応し続けました。1967年の国民保健サービス(家族計画)法は、地方保健当局(LHA)に、希望すれば家族計画協会などの任意団体の仕組みを利用して、婚姻関係に関係なく避妊のアドバイスを行う権限を与えた。1968年の保健サービス・公衆衛生法(Health Services and Public Health Act 1968)では、スコットランドにも同じ規定が設けられた。1972年のHealth and Personal Social Services (Northern Ireland) Orderにより、保健社会サービス省は北アイルランドで家族計画サービスを提供できるようになりました。1974年のNHSの再編により、家族計画サービスがNHSに正式に組み込まれ、4月1日からNHSが提供するすべての避妊アドバイスと用品は、年齢や配偶者の有無にかかわらず無料となった。つまり、医師は16歳未満の少女に親に知らせずに避妊のアドバイスをすることができ、親に伝える際には少女の同意を得なければならないことになった。このDHSSの避妊ガイドラインがきっかけとなり、10代の性生活をコントロールするためのキャンペーンが注目を集めるようになりました。

 1980年、ビクトリア・ギリックは、自分の10代の娘たち、ひいては16歳以下のすべての少女たちがNHSの医師から避妊のアドバイスを受けないようにするためのキャンペーンを始めた。1983年には、200人の国会議員の支持を得て、彼女の5人の娘たちは16歳になるまで避妊具の処方やアドバイスを受けられないという宣言を求めて高等法院に出廷しました。しかし、高等法院はギリックに不利な判決を下し、16歳未満の少女に親の同意なしに避妊具を与えることを助長する回覧文書をDHSSが配布するのを阻止しようとする彼女の試みを却下した。翌年、ギリックは、前年の判決を覆す控訴審判決を求めることに成功した。その後、この問題は貴族院によって解決され、特定の状況下では医師が16歳未満の少女に避妊薬を処方することは合法であるとの判決が下された。ギリック・コンピテンス(Gillick competence)」という言葉は、これらの裁判の結果、医学法の中で使われるようになった。避妊具の入手に関しては、同意年齢に達していない少女が、そのリスクを理解し、適切なアドバイスを受け、性交渉を持つ決意をし、両親に知らされていないことを望むならば、医師は避妊具を処方できるはずだという意味である。この事件は、10代のセクシュアリティと避妊具へのアクセスについて、より広い社会で道徳的なレンズを通して見られ、形成されていることを強調しただけでなく、1980年代までに避妊ピルがいかに英国社会に定着し、16歳未満がピルを利用できるかどうかではなく、両親に知らせるべきか、同意権は誰にあるべきかが議論の中心になっていたことを明らかにしたのです。

 したがって、ピルはNHSにおける避妊の問題の核心にある。インプラントやパッチ、IUSや注射など、他の避妊法もNHSのバースコントロールに組み込まれているが、1961年のピルの導入は、家族計画を医療と社会の接点に持ち込み、その後NHSの法律に組み込まれたことで、社会的問題だけでなく政治的な問題にもなったのである。ピルは初めて性行為と生殖を効果的に分離し、国内外の避妊薬市場において、今日も衰えることのない地位を確保したのである。