リプロな日記

中絶問題研究者~中絶ケア・カウンセラーの塚原久美のブログです

2019年11月12-14日 ナイロビサミット(ICPD+25) 

1994年ICPD(国際人口開発会議)より25年目のレビュー

Nairobi Summit (ICPD+25), 12-14 November 2019, Nairobi, Kenya

この会議で特に重要なのは、それまでなかなか盛り込めなかった「安全な中絶へのアクセスは、性と生殖に関する健康と権利に不可欠です」という文言が書き込まれたことだ。

ICPD+20では、次のような形で遠慮がちに表現されていた。

 中絶が合法であっても、女性が安全な中絶サービスを受けるための障壁は依然として存在する。WHOは、中絶を受ける前に親や配偶者の同意を得ること、強制的な遅延や超音波検査を受けること、強制的または指示的なカウンセリングを受けることを女性に求める法律や政策は、医学的に不必要で、女性が安全な中絶サービスを受けることを妨げると認識している。
 WHOは、女性が妊娠について十分な情報を得た上で自律的に決定できるように、妊娠と安全な中絶サービス(出生前診断検査を含む)に関する完全で正確、かつ理解しやすい情報を提供しなければならないことを明確にしている。

HPから仮訳します。

 1994年の画期的な国際人口開発会議(ICPD)では、179カ国の政府代表がカイロに集まり、リプロダクティブ・ヘルスと女性のエンパワーメント、ジェンダー平等を持続可能な開発の柱とする「ICPD行動計画」が採択された。

 それから25年後の2019年11月、国際社会が2030年までに国連の持続可能な開発目標の達成を目指すと同時に、カイロ会議から25周年を記念して、ケニアのナイロビで「ICPD+25」とも呼ばれるナイロビサミットが開催されたのである。

 国連人口基金UNFPA)とケニア政府が主催したナイロビ・サミットには、各国政府、国連機関、民間団体、女性グループ、若者ネットワークが集まり、ICPD行動計画の実施をさらに進めるためのイニシアチブについて話し合い、合意を得た。

 サミットは、1994年の第1回国際人口・開発会議(ICPD)以降に達成されたすべてのことを振り返ることから始まりまった。世界は妊産婦死亡率を下げ、男女平等を進めたが、まだ十分とは言えない、と出席者は振り返った。

 ドナー諸国は、性と生殖に関する健康およびジェンダー平等計画への支援として、約10億ドルの拠出を約束した。さらに、2030年までに予防可能な妊産婦死亡ゼロ、家族計画のアンメットニーズゼロ、ジェンダーに基づく暴力や有害な慣習ゼロを達成するための新たな誓約を合わせて約80億ドルが発表された。ヘルスケアやテクノロジー企業から民間財団、国際NGO、スポーツ界のリーダーまで、幅広いパートナーが、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスと権利を含む、女性、子ども、思春期の健康と福祉を推進するコミットメントを掲げた。

 サミットでは、国連システムは副事務総長を通じて、次のことを約束した。

  • 性と生殖に関する健康に対する権利を含むすべての人々の人権を擁護し、誰一人として取り残されることのないよう、私たちの中で最も脆弱で恵まれない人々に特に重点を置きつつ、ジェンダー平等と女性・少女のエンパワーメントの支援に関するあらゆる努力を加速させること。

  • 予防可能なすべての妊産婦と子どもの死亡率と罹患率をなくし、女性、少女、若者に対するジェンダーに基づく暴力を根絶し、何百万人もの女性と若者の権利と福利を制約し、その可能性を制限する家族計画に対する満たされないニーズをなくすためのシステム全体の取り組みを強化すること。

  • 世界の多くの国々の包括的な経済成長と持続可能性が依存する人口ボーナスの実現に必要な前提条件として、青少年と若者の権利を擁護し、彼らの健康と権利拡大を確保する包括的な性教育と若者に優しいサービスへのアクセスを含むあらゆるレベルでの質の高い教育と適切なスキルへのアクセスを保証することにより、彼らの可能性を実現するための必要条件を作り出すための、彼らの能力に対する投資を支援すること。

  • 国連改革プロセスの結果、国連国別チームの活動において強化された調整と協調を含め、国連システム全体のシナジーを活用することにより、持続可能な開発目標の国内実施に沿ったICPD課題の完全かつ迅速な実施において、各国政府を支援すること。

  • 2030年アジェンダとそのSDGsへの重要な貢献として、ICPDアジェンダの達成に向けたデータ主導の政策、戦略、計画の策定において各国政府をさらに支援するため、細分化されたデータを適時に協調して作成、普及することにより、誰ひとり取り残さないようにし、最も遅れている人々に最初に手を差し伸べること。

  • ナイロビ・サミットの成果を、持続可能な開発目標を実現するための「行動の10年」に不可欠な要素として取り入れること。

成果文書:ナイロビ声明 ICPD25:約束の加速化
冒頭をちょっと私訳します。

 179カ国は、遅くとも2015年までに、すべての人が性と生殖に関する健康を享受できるようにすること、2015年までに乳児死亡率を1,000人出生あたり35人未満、5歳未満児死亡率を1,000人出生あたり45人未満とすること、2015年までに妊婦死亡率を75%削減することに努力することを約束した。2010年、国連総会はこの約束を、「ICPDの目標と目的を完全に達成する」ために、ICPD行動計画で与えられた20年のタイムフレームを超えて延長した。2014年、国連人口開発委員会(CPD)は、人口と開発に関する地域会議の成果文書に留意し、それぞれの成果は、特定の成果文書を採択した地域ごとに、2014年以降の人口と開発に関する地域固有のガイダンスを提供するものであると述べた。2015年、 国際社会も、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と「持続可能な開発目標(SDGs)」を採択し、「人、地球、繁栄」を持続可能な開発の中心に据え、誰も置き去りにしないという約束を再確認している。そして、2019年4月1日、国連加盟国は第52回国連人口開発委員会において、持続可能な開発のための2030アジェンダの文脈において、人口と開発の政策および計画を導くためのICPD行動計画の重要性を再確認し、その「完全、有効、加速的実施」を確保するためにさらなる行動を取ることを約束する宣言を採択しました。持続可能な開発の未来は、青少年と若者の願望を実現することに直結している。世界の18億人の若者に力を与え、彼らの潜在能力を最大限に引き出して経済・社会の進歩に貢献することは、ICPD行動計画および持続可能な開発のための2030アジェンダのビジョンと約束を実現するために不可欠なことであろう。

UNFPAの報告書はこちら:約束の加速化 ICPD25ナイロビサミットの報告書

序文を私訳します。

序文
 2019 年、すべての道はナイロビにつながった。ICPD25: Accelerating the Promise」に関するナイロビ・サミットには数千人が集まり、何という祝典であったことだろう。さらに世界中で何十万人もの人々が連帯して行進し、1994年にカイロで開催された国際人口開発会議で打ち出された行動計画の並外れたビジョン、すなわち女性と少女の完全な平等と、すべての人のための性と生殖に関する健康と権利というビジョンを再確認した。

 世界は、順調な進展では十分ではなく、少女と女性、少年と男性、すべての人に向けてカイロでなされた約束を加速させなければならないという中心的な信念のもとに、ナイロビに招集したのだ。持続可能な開発目標の達成は、それにかかっている。
 私たちの社会を強化し、経済を成長させ、気候変動と闘うことは、すべて女性と女児が自分の身体、選択、未来をコントロールできるようになることにかかっている。すべての女性と女児が、尊厳と敬意をもって完全に平等に暮らすことができれば、私たちは貧困と飢餓を終わらせ、健康と人間の幸福を向上させ、質の高い教育を保証し、すべての人のための平和と繁栄を達成することができる。
 ナイロビ・サミットからの緊急メッセージは、世界はここから25年も待てないし、待ってはならないということだ。UNFPAケニア政府、デンマーク政府は、このような危機感を念頭に置いてサミットを共同開催した。私たちは、大統領から草の根まで、難民から王族まで、青年活動家からCEOまで、あらゆるレベルに存在する、すべての人のための性と生殖に関する健康と権利を確保するためのリーダーシップを目にすることができたことを喜ばしく思っている。
 国連加盟国163カ国の国、コミュニティ、組織のリーダーが、深い目的意識と希望を持って参加した。私たちは共に、ナイロビ声明とそれに付随するナイロビ・コミットメントを作り上げた。それは、新しい文書や言語を交渉するためではなく、既存の合意を守り、資源のギャップに対処し、行動可能なスケジュールを定め、互いに共有し学ぶためであった。
 民間企業、市民社会、学界、信仰に基づく組織からのパートナーは、全ての人の権利と選択を現実のものとするために、新しいアイデアと新しいリソースをもたらした。障害者、先住民、アフリカ系、そして性的多様性を持つ人々が大勢集まり、アジェンダを先導し、挑戦し、鼓舞し、推し進めたの だ。
 カイロでムーブメントを起こしたフェミニストたちは、そのエネルギーと情熱をナイロビに持ち込んだ。若者たちは声を上げ、性と生殖に関する健康運動を、すべての少女が夢を実現できるような新しい時代へと導くことを宣言した。
 結局、ナイロビ・サミットは口先だけでなく、行動で示そうというものだった。私たちは、次の10年を女性と女児のための行動と結果のための10年にすることを約束した。性と生殖に関する健康と権利は人権であり、それを守り抜くのは私たち一人ひとりの責任であり、そのために私たちは行動しなければならないのです。今から数年後、ICPD25に関するナイロビ・サミットが、すべての人のための性と生殖に関する権利と選択の実現に必要な加速的な行動を巻き起こしたと言われるようにするのだ。私たちが働き、約束を果たし、ICPD行動計画と持続可能な開発目標の公約を達成したことが知られるようにしよう。行進は続く。私たちの最終目的地は、あらゆる場所で、すべての人々の完全な権利と完全な選択肢が保障されることである。


ナタリア・カネム
国連事務次長
国連人口基金UNFPA)事務局長